最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.57』

複数の英国の国会議員が、大きな混乱を避けるためにも、Brexitの前に新たな税関システムを導入しなければならないと警告している(2017年11月28日)

ユーロ圏の指標が景気づいている。ドイツ企業の景況感指数は過去最高となり、ユーロ圏の雇用創出および製造活動は、1999年以降で最も高い水準となっている。また、英国産業連盟(CBI)のサーベイによると、英国の製造業ではこの29年間でもっとも需要が伸びているという。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

欧州銀行監督機構(EBA)のパリへの移転、欧州医薬品庁(EMA)のアムステルダムへの移転が公表された。また、Brexitの行方を巡り、英国政府関係者やイングランド銀行関係者による多くの発言がなされた。

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。 
  • ユーロ圏の指標が景気づいている。ドイツ企業の景況感指数は過去最高となり、ユーロ圏の雇用創出および製造活動は、1999年以降で最も高い水準となっている。
  • 英国産業連盟(CBI)のサーベイによると、英国の製造業ではこの29年間でもっとも需要が伸びているという。
  • 英国小売協会(British Retail Consortium)によると、10月の英国の小売売上高は、Brexitに関する国民投票以降で最も大幅に減少した。
  • イングランド銀行のMark Carney総裁は、一般家庭と企業のいずれもBrexitがもたらす影響をそれほど懸念していいと思われると述べた。
Brexit Newsletter (UK) - vol.57 (PDF, 690KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?