最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.59』

欧州理事会のDonald Tusk議長は、2019年3月までにBrexitに関する最終合意に達することについて、英国とEUは時間との厳しい戦いに直面していると述べた(2018年1月9日)

英国のTony Blair元首相は、2018年はBrexitに関する最終合意の内容について国民投票を実施できる最後のチャンスになると述べた。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

英国-EU間の貿易協定の協議開始のEU首脳陣による合意や英国政府が反対していたEU離脱法案の修正案の可決など、年末から年始にかけて、Brexitをめぐり様々な動きがみられた。

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。 
  • 欧州理事会のDonald Tusk議長は、2019年3月までにBrexitに関する最終合意に達することについて、英国とEUは時間との厳しい戦いに直面していると述べた。
  • EU27か国の首脳陣は、離脱後の英国とEU間の貿易協定に関する協議に入ることで合意した。
  • 英国の下院議会において、与党である保守党の一部議員が造反したことにより、英国政府が反対していたEU離脱法案についてEUとの最終合意の内容を議会の採決に付すとした修正案が可決された。これを踏まえ、David Davis EU離脱担当相は、Brexitまでの日程は切迫していると警告した。
  • 英国のTony Blair元首相は、2018年はBrexitに関する最終合意の内容について国民投票を実施できる最後のチャンスになると述べた。
Brexit Newsletter (UK) - vol.59 (PDF, 600KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?