最新動向/市場予測

Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) - vol.65』

英国のDavid Davis EU離脱担当相が、離脱協定について最終合意に達する可能性が「非常に高くなった」と述べた(2018年4月4日)

英国のEU離脱日まで1年を切った。政治への不安を抱いている国民、EU加盟国やEU域外への移住を検討している失業者、英国の自動車生産台数、EUの合計特殊出生率、英国から流出する金融業界の推定雇用者数など、様々な調査で発表されている数値をまとめながら解説する。

Brexitに関する最近の動き ※詳細資料(PDF)より一部抜粋

英国のEU離脱日まで1年を切った。離脱後の英国-EU間の自由貿易協定に関してはEU側が交渉ガイドラインを公表しており、今後、当該ガイドラインに基づき、交渉が行われることが予想される。

先週までのBrexit、欧州の政治および経済に関する主な動きは以下の通りである。 
  • サービス貿易の自由貿易協定に関するEU側の交渉ガイドラインでは、英国に「ホスト国ルール」に基づいた市場アクセスを認めるとしている。このため、英国のサービス業者の市場参入が認められるか否かを判断するためには、包括的な1つの枠組みに基づくのではなく、加盟27か国各国の国内規則を検討しなければならなくなる。
  • 新たな条約が締結されない限り、離脱後も共通漁業政策(CFP)が英国に適用される。その結果、21か月の移行期間の間の英国の漁獲量はEUが決定することになる。
  • 2017年のEUへの難民申請数は、2016年のほぼ半数となった。
  • 英国公認購買部協会(CIPS)が行った調査によると、英国のサプライヤーとの取引を有するEU企業の7社に1社が、その一部または全部をすでに英国外との取引に変更したという。
Brexit Newsletter (UK) - vol.65 (PDF, 675KB)

Brexit Newsletterのバックナンバーはこちらのページからご確認ください。

>>Deloitte UK 日系企業サービスグループ 『Brexit Newsletter (UK) 』バックナンバー

デロイト トーマツ グループのBrexit 関連情報

日本のデロイト トーマツ グループにおけるBrexit関連情報は下記特設サイトにてまとめております。 

>>Brexitに関する特設サイト 

>>オンラインフォームより問い合わせを行う<<

※お問い合わせにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?