ナレッジ

【保険ERM】第23回 IAIS年次総会の概要

'IAIS update: 2016 annual meeting'(2017.05)

11月にパラグアイのアスンシオンで保険監督者国際機構(IAIS)の年次総会が開催されました。今回の総会は昨年の総会と違い、規制当局者以外の関係者の出席も認められた結果、各国の業界関係者が多数出席しました。

関連コンテンツ

会議の概要

会議では、IAIS(International Association of Insurance Supervisors:保険監督者国際機構)の主要な取り組みに関し、進捗が報告された。また、論議の中では、消費者保護と金融安定化の優先順位について興味あるディスカッションがなされている。本会議における主要な項目は次の通り整理される。

ICP(Insurance Core Principles:保険基本原則), ComFrame(Common Framework for the Supervision of Internationally Active Insurance Groups: 国際的に活動する保険グループの監督の共通の枠組み)

ICPおよびComFrameについて、統合および調整のための改訂が進められている。ICP12(清算および市場からの撤退)およびICP26(危機管理におけるクロスボーダー協力および協調)、ならびにComFrame 等に関連し600以上のコメントが寄せられた。その中には、破綻処理のために監督者が行使可能な権限(G-SIIでない保険会社について行使可能とする権限)およびIAIGの再建および破綻処理計画などに関するコメントが含まれている。

また、サイバー犯罪の多発を踏まえ、現行ICPがサイバーリスクとサイバー攻撃耐性に適切に対応しているかどうかの評価も進めている。

ICS(Insurance Capital Standard:保険資本基準)

ICSプロジェクトは2013年10月からスタートした。現在、ICSバージョン1.0の7月完成に向け、検討が進められている。ICSプロジェクトに関し、利害関係者全体から極めて活発な回答(2,000ぺージ以上)があった。2016年のフィールドテストにおいては、北米、欧州、アジアおよびアフリカから41社の自発的参加があった。

RRP(Recovery and Resolution Plan: 再建および破綻処理計画)

破綻処理作業部会の進捗について報告された。IAISが、破綻処理のための損失吸収能力(LAC)が必要かどうかについて検討しているが、現時点では破綻処理時のLACに係る、G-SIIに共通の最低基準を策定しないと考えている。

消費者保護と金融安定化

米国の消費者代表バーニー・バーンボーム氏が、会議において、米国や欧州の最近の選挙でエリート層や制度に対する重大な不信感が示されたとし、強固な消費者保護を促進し、支援することによってこれに対応することをIAISに強く求めた。「金融安定化および保険契約者保護」に係るパネル・ディスカッションでは、規制当局にとって金融安定化または保険契約者保護のいずれを最優先の目標とすべきか、あるいはそれらを同時の目標とすることができるかについて意見交換がなされた。参加者の見解は多様であった。
例えば、金融安定化を重視しすぎると保険契約者保護が見過ごされる危険があるとの指摘、金融安定化を過度に重視した場合、資本や他の要件の負担が極めて重くなり、消費者に影響が及ぶ可能性がある点の指摘、契約者保護こそが金融安定化の基礎であるとの意見等が出された。

会議を振り返って

直接議題に関係するものではないが、Brexitや米大統領選の結果が意味するものを探る動きはあらゆる局面で関心の対象になろう。IAISの今後の論議においても、特に契約者保護をめぐる論議において、これまでの価値観や業界のプラクティスに対する再検証の必要性等、これから起こるであろう環境の変化も意識した論議に注意が必要であろう。IAISは、保険規制・監督をグローバル、ローカルで調和させていくための長い工程の途上にある。その中でグローバル環境は、政治の側面でも、リスク・不確実性の側面でも大きく変化している。このような動態的な経営環境の中では、監督者によるビジネスモデルの適切性に対するモニタリングの変化、保険会社のガバナンスや戦略の変化等、今まで以上に多面的な論議が要求されるものと考える。

原題:IAIS update : 2016 annual meeting(PDF)

保険ERM態勢の高度化支援サービス

デロイト トーマツ グループでは、保険ERM態勢に関し、基礎的な情報提供から、各社固有の問題解決まで幅広く関わり、Deloitte Touche Tohmatsu Limited(DTTL)のグローバルネットワークを駆使し、最新の情報と豊富なアドバイザリーサービスを提供します。

保険ERM態勢高度化支援サービス
(ブロシュア、PDF、384KB)

保険業界における支援サービス

保険インダストリー関連サービス
(ブロシュア、PDF、212KB)

お役に立ちましたか?