ナレッジ

保険監督者国際機構(IAIS)関連レポート

IAIS collection

IAISは、世界各国の保険監督当局によって構成される国際組織です。年次総会では、新たな監督原則や基準、指針等が採択される他、年に4回程度の開催される委員会では、主要な決定が行われます。

関連コンテンツ

IAIS update : 2016 annual meeting

11月にパラグアイのアスンシオンで保険監督者国際機構(IAIS)の年次総会が開催されました。
今回の総会は昨年の総会と違い、規制当局者以外の関係者の出席も認められた結果、各国の業界関係者が多数出席しました。

詳しくは、こちら
 

IAIS update : Summer 2016

元受保険事業の特徴は、各国市場に根差した活動にあります。規制・監督も基本的には、ローカルベースとなっていますが、保険会社の活動自体が国際的になってきていることから、国際的に活動する保険グループをいかに監督するかという現実的な課題が生じてきました。 このような課題を保険監督者が国際的に論議し、効果的でグローバルに整合的な監督を促進するための基準設定主体として設立されたのが、IAISです。現在、保険事業の特徴から、保険規制・監督は、グローバル、ローカルの論議がシンクロナイズする形で改革が進行中です。

詳しくは、こちら 

2015 IAIS update : Meeting in Macau SAR, People's Republic on China

保険基準に関する国際的基準策定団体であるIAIS(保険監督者国際機構)の動向は、保険ERM整備に大きな影響を及ぼします。2015年6月18日~19日、マカオで開催されたIAIS第8回グローバルセミナーが開催されました。

詳しくは、こちら

IAISによる国際的な資本規制の動向について

2014年10月、グローバルにシステム上重要な保険会社(G-SIIs)に対する基本的資本要件(BCR)が金融安定理事会(FSB)によって承認された。G20およびFSBは、世界的な金融危機を受け、グローバルにシステム上重要な金融機関(G-SIFIs)に対して新たな規制を課すことを検討しており、今回承認されたBCRはその検討の枠組みの一部である。

詳しくは、こちら

保険ERM態勢の高度化支援サービス

デロイト トーマツ グループでは、保険ERM態勢に関し、基礎的な情報提供から、各社固有の問題解決まで幅広く関わり、Deloitte Touche Tohmatsu Limited(DTTL)のグローバルネットワークを駆使し、最新の情報と豊富なアドバイザリーサービスを提供します。

保険ERM態勢高度化支援サービス
(ブロシュア、PDF、384KB)

保険業界における支援サービス

保険インダストリー関連サービス
(ブロシュア、PDF、212KB)

お役に立ちましたか?