ナレッジ

EMEA 日系企業サービスグループ  インサイト

Deloitteがグローバル、欧州、日本で公表した記事、ツール、イベント等のうち、EMEAで事業活動を行う日系企業に広く関心がありそうなものを集約してご紹介しています(2021年1月)。

Brexit

Brexit: The EU-UK Trade and Cooperation Agreement  (UK, Dec 2020) 英語ページ
英国とEUは2020年12月24日、通商・協力協定に合意しました。本ページでは、Deloitte専門家による協定の主要項目の分析等を紹介しています。

Economics

Global economic outlook 2021 (Global, Jan 2021) 英語Podcast
DeloitteのIra Kalish(チーフグローバルエコノミスト)が、堅調な景気回復、COVID-19ワクチンの導入、中国、Brexitについて話します。

Prospects for 2021A view from London (UK, Jan 2021) 英語記事
DeloitteのIan Stewart(チーフUKエコノミスト)が、ほとんどのエコノミストが封じ込めとワクチン接種が成功し、世界的な成長復活を期待している理由を探ります。

Deloitte CFO Survey: 2020 Q4 - 2021: Lasting change and growth (UK, Jan 2021) 英語記事
英国大企業のCFO等を対象に、四半期ごとにCFOサーベイを実施しています。2020年Q4(調査時期は12月2~14日)の主な調査結果は以下の通りです。

  • CFOの楽観的な見方は、ワクチン大量接種や2021年に成長軌道に戻る見通しに後押しされ、12年ぶりの高水準に上昇した。
  • 本調査の終了後に合意されたBrexit通商協定は、企業の信頼感にプラスに働くはずである。 CFOは、合意なしの見通しを経済への重大なリスクと見なしていた。
  • CFOの半数は、自社の収益がパンデミック前のレベルに戻るのは2021年の第4四半期かそれ以降になると考えている。
  • CFOは、在宅勤務のレベルがパンデミック前と比較して2025年までに5倍に上昇すると予測し、長期的にはより高いレベルの課税と規制を予測している。

Sustainability

Decarbonizing road freight: Getting into gear (Global, Jan 2021) 英語記事
道路貨物輸送は、最も柔軟な輸送手段として世界経済の根幹を成しており、店舗や家庭に商品を運ぶための主要なメカニズムです。現在、世界のCO2排出量の約9%を占めており、その大部分は中型・大型の貨物トラックから排出されています。パリ協定の目標を達成するために、このセクターは今後30年以内に排出量を80%超、その前の2030年までに約30%削減する必要があります。現在の延長線ではパリ協定の目標は達成されません。これはチャレンジングですが、先発者にとってはエネルギーミックスを再定義し、市場シェアを獲得し、新製品やビジネスモデルを導入する機会でもあります。DeloitteはShellと協力し、このセクターに関連する22カ国150人を超える企業幹部や専門家にインタビューを行い、脱炭素に関する能力に影響を与える経済、技術、規制、組織的要因に対処するための22のソリューションを含む10年間のロードマップを策定しました。

Climate Change 101 for business leaders (Global, Jan 2021) 英語レポート
気候変動は従業員と環境保護主義者の双方にとって大きな関心事になっており、企業はこの問題を無視することはできません。気候変動の状況を理解し、適切な意思決定を行うためのFAQとしてこの入門書をご利用ください。

Consumer

The Deloitte Consumer Tracker Q4 2020 (UK, Feb 2021) 英語記事
最新のロックダウンが発表される前の2021年最初の3日間にインタビューを行いました。クリスマス数日前に国のほとんどがTier 4に移行し、消費者はCOVID-19規制の強化に観念したようです。既に記録的な低水準の傾向を示していたDeloitte消費者信頼感指数は、ウイルス変異種が英国経済の大部分を再停止させたため、2020年Q3と比較して1%低下してマイナス17%になりました。主な調査結果は以下の通りです。

  • 債務レベルに関する信頼感は、Trackerが2011年Q3に開始されてから最高であり、2020年Q4に4%上昇した
  • 総貯蓄率は人口間の不平等を覆い隠し、31%は貯蓄が増加したと述べた一方で、29%は減少したと報告している
  • 健康とウェルビーイングに対する信頼感は、6%低下し、これまでに記録された最低レベル(-34%)となった

レジャー:

  • アクティビティとしての外食は24%減少した
  • 短期休暇と長期休暇の両方で支出はマイナス38%まで減少した(それぞれマイナス9%、マイナス10%減少)
  • 家庭でのレジャー活動への支出は、Q3と比較して3%増加し、前年比で10%増加した

消費材:

  • デリバリーパスの支払いを行う消費者は、Q3と比較して4%増加し45%となった
  • サブスクリプションボックス市場は、サービスへの支払いを行った消費者はQ3と比較して4%増加し20%となった

小売:

  • Q3と比較して、食料品への純支出は6%増加し、アルコールとタバコについては外出できない消費者が自宅で飲食を行うことを選択したため大幅に10%増加した
  • 平均して消費者の66%が、全てのカテゴリでオンライン購入を行った。これは前年同期と比較して12%の増加に相当する
  • オンライン小売は全体として2020年にほぼ50%増加した

自動車:

  • 12月の新車販売は11%減少し、多くの消費者が他の購入を優先した
  • リース終了や車両ダウングレードを希望する消費者数はQ3と比較して減少し、支払い能力に対する懸念は緩和された

Retail Trends 2021 Breakfast Briefing (UK, Jan 2021) 英語Webinar(オンデマンド)/   Retail Trends 2021 (UK, Jan 2021) 英語記事
2020年とクリスマスを振り返り、2021年の主要トレンドを分析し、需要と小売業者が直面している課題、そしてブランドが新しい変化のペースにどのように対応できるかについて見解を示します。

2021 consumer products industry outlook (US, Jan 2021) 英語記事
2021年をどの程度正確に予測できるかは、COVID-19ワクチンの導入、安全制限、財政支援、州・地方自治体の財源、バーチャルでの学校教育と仕事の持続性、消費者心理学や新しい習慣の定着度合いなど、様々な要因によります。これらの要因を考慮してコンシューマー業界のシナリオ分析を行い、2021年のコンシューマー業界の方向性を示すと思われる5つの「No-regret(後悔しようのない)」戦略的な動きを特定しました。

2021 retail industry outlook  (US, Jan 2021) 英語記事
COVID-19は小売業界のルールを書き直す一生に一度の機会かもしれません。古いプレイブックは捨てる必要があり、競争から抜け出すためには大胆な行動が必要になるでしょう。この記事では、小売業界における2021年以降の傾向と4つの優先分野の概要を示しています。

 アフターコロナを捉えたコンシューマー企業の取組 第1回 
(日本, Dec 2020) 日本語記事
新型コロナウイルス感染症の感染拡大が世間を騒がせる中、企業は公衆衛生と福祉のために多大な貢献を行っています。ただし、多くの企業では、倫理的義務として対応しているに過ぎない状況が続いています。今後、このパンデミックという危機的状況の裏側でニューノーマル時代に達することが前提となってきている中で、多くの企業は、社会的影響の事業価値を明確に示すことを迫られるでしょう。本稿では、企業の社会的影響への取組から事業価値を促進させる6つの主要領域を紹介すると同時に、アフターコロナにおける日本の消費者の意識変化、企業の社会的価値についての事例および今後起こりえる変化を考察します。

Energy

Sparking utility connections (Global, Jan 2021) 英語記事
世界中のユーティリティ企業は、滞納を減らし、新しい顧客を獲得し、顧客の責任に関して教育するため、顧客体験(CX)プログラムに本格的に投資し始めています。カスタマージャーニーの様々な段階における投資を通じて、ユーティリティ企業は長期的な収益源を強化し、顧客中心の組織として自らを改革することができます。CXの重要性が増しているにも関わらず、企業は多くの課題に直面しているため、これらの投資の特定と最適化は容易ではなく、ユーティリティ企業がその影響を測定するためのシンプルで具体的な方法が必要です。この記事では、発展途上国の電力会社がCXイニシアチブに投資するか否か、またどのように投資するかを評価するために利用できる定量的フレームワークを紹介します。

Distribution grid investment to power the energy transition (Europe, Jan 2021) 英語記事
2015年のパリ協定はEUの野心的な脱炭素化の目標を設定し、配電網は欧州の移行を支援する上で重要な役割を果たします。このレポートは、Eurelectric(欧州電気事業者連盟)と共同で作成され、欧州のエネルギー転換に必要な配電システムオペレーター(DSO)の投資を評価し、ポリシーと規制に関する推奨事項を提供します。

The potential of hydrogen will play an important role in the energy transition (NL, Dec 2020) 英語記事
水素は何十年も話題になっていますが、今は議論が加速しています。投資と政府支援は拡大しており、水素技術はさらにスケールアップの準備ができています。太陽光発電と風力発電は過去10年間で発達したため、水素がこの10年のサプライズになるかどうかという質問があります。ここでは、エネルギー転換における水素の役割を探り、マーケットリスクについて協議し、実行中の戦略を探り、将来の見通しを共有します。

Automotive

2021 Global Automotive Consumer Study (Global, Jan 2021) 英語記事
消費者行動は飛躍的に進化しており、自動車セクターも例外ではありません。本調査では、4つの主要な消費者トレンドが示されています。

  • 電気自動車(EV)への長期的なトレンドは固まっているように見えるが、消費者は、短期的な不確実性に直面しているため、使い慣れた信頼できるテクノロジーオプションとして内燃機関車(ICE)を再考している可能性がある。
  • 特に米国とドイツの若い消費者は、中高年の消費者よりも高い割合で支払いの繰り延べを要求しており、持続的な需要回復に対する懸念が生じている。
  • パンデミックの結果、中国、インド、韓国のかなり多くの消費者が次の車を購入するためのタイムラインを変更した。
  • オンライン車両販売は今後も続く可能性があるが、大多数の消費者は、認定ディーラーで次の車を直接購入することを望んでいる。

Accounting/Finance

FP&A agility depends on data and modeling tools (Global, Jan 2021) 英語記

パンデミックにより、FP&A(経営企画)には財務計画、業績予測、レポーティングを超える負担が掛かっています。 企業は、意思決定の影響を迅速にモデル化し、現在や将来の混乱に対するコンティンジェンシープランを実施するために、以前よりも迅速かつ頻繁なシナリオプランニングを必要としています。この記事では、高度なアナリティクスの利用と、それに投資するメリットについて説明します。

With / After COVID-19におけるBusiness Financeの在り方 (日本, Dec 2020) 日本語記事
本稿ではBusiness Finance(経営・事業管理)の在り方について考察し、課題解決に資する最新のDigital技術を活用した施策(①経営資源の原資となるカネを確保するための「売上悪化に対応した適切なコスト削減」の施策、②COVID-19の影響を加味したポートフォリオを構築するための「過去実績に捉われない柔軟な将来予測」の施策)を紹介しています。

OECDによる新型コロナウイルス感染症の世界的感染拡大に関する移転価格執行ガイダンスの公表について (日本, Jan 2021) 日本語記事
2020年12月18日、OECDは、新型コロナウイルス感染症の世界的感染拡大に関する移転価格執行ガイダンスを発表しました。本ガイダンスは新型コロナウイルス感染症によって生じる論点やその影響でますます難しくなる移転価格の実務上の論点について、独立企業原則とOECD多国籍企業及び税務当局の移転価格ガイドラインをどのように適用するかに焦点を当てています。

With / After COVID-19におけるファイナンス組織・機能の在り方 (日本, Jan 2021) 日本語記事
Operational Finance領域では経理オペレーション業務のデジタル技術を活用した電子化施策、Business Finance領域ではCOVID-19下の不確実性に対応した新たな事業ポートフォリオを構築するための「過去実績に捉われない柔軟な将来予測」の実現、Specialized Finance領域では財務情報の可視化を前提とした資金需給シミュレーションや財務領域の高度化施策、といったそれぞれの領域について個別テーマの深堀を行いました。本稿からは、それら各機能を有効ならしめるための“基盤要素(イネーブラー)”を対象にし、その第1回目である本稿ではファイナンス組織と機能の在り方について考察します。

Manufacturing/Industry 4.0

Designing the modern digital function (Global, Jan 2021) 英語記事
インダストリー4.0の可能性を最大限に活用したいリーダーは、デジタルトランスフォーメーションのジャーニーを指揮し、一貫性やまとまりがあり、統合された方法でデジタル目標に向かって進むオペレーションを構築する必要があります。トランスフォーメーション中枢センター(TNC)により、大規模な企業全体のトランスフォーメーションの計画と実施が可能になります。この記事では、TNCと連携して機能するデジタル専門部門を設置し、フロントオフィスとバックオフィスのデジタル能力を確立してトランスフォーメーションを推進し、ビジネスの戦略目標の達成を支援するためのアプローチの概要を説明します。

Industry 4.0 Ready podcast - Episode 3: Ecosystems and Innovation (UK, Jan 2021) 英語Podcast
このエピソードでは、インダストリー4.0をサポートするエコシステムの役割について議論し、業界、学界、政府とのコラボレーションが製造業におけるデジタルイノベーション、競争力、エネルギー転換、サステナビリティをどのように推進しているかを説明します。

Technology

2021 technology industry outlook (US, Jan 2021) 英語記事
2021年にテクノロジー企業は、COVID-19の危機から回復し成長するために3つの重要な戦略的機会を検討する必要があります。

  • クラウドインフラ、データ分析能力、サイバーセキュリティ、ビジネスモデル変革に重点を置いたデジタルトランスフォーメーションへの取り組みを倍増する
  • リモートワーク能力を最適化し、人工知能(AI)などの高度なテクノロジーを最大限に活用するために、従業員を方向転換しリスキリングする
  • 透明性、柔軟性、レジリエンスの向上に焦点を当てて、製造が行われる場所と方法を再検討する

2021 telecom, media, and entertainment industry outlook (US, Jan 2021) 英語記事
2021年に向けて、テレコム・メディア・エンターテインメント業界のリーダーはCOVID-19の危機から回復し成長するために3つの重要な戦略的機会を検討する必要があります。

  • 顧客エンゲージメントに対してより絶妙なアプローチを取ることにより、顧客ニーズへの焦点を新たにする
  • 新しいサービス提供とエンターテインメントの組み合わせを通じて、そしてビジネスアジリティを可能にする新しい戦略を採用することにより、エンターテインメント体験を統合・リミックスする
  • 新製品、サービス、ビジネスモデルを通じて高度なワイヤレスネットワークを収益化する

Human Capital

First comes the workforce - The human-centric future of work (Europe, Jan 2021) 英語記事
DeloitteのEuropean Voice of the Workforce調査によれば、欧州全体の労働者の60%が、COVID-19による変化に適応するのに大きな問題はなかったと述べています。パンデミックにより業界におけるテクノロジーの普及が加速していますが、人間中心アプローチの重要性を過小評価してはなりません。リーダーは、テクノロジーと同様に人的資本を重視する戦略を策定するために、従業員のニーズと欲求を理解する必要があります。最新の記事では、組織が古いパラダイムを放棄してレジリエンスを構築し、ウェルビーイングや帰属意識といった人的要素を戦略的優先事項として投資する方法を探ります。 

Driving the future of work with workforce ecosystems (Global, Jan 2021) 英語記事
このレポートでは、労働力エコシステムの概念を紹介し、組織がビジネスと労働力の戦略を整合させる方法を見直すのにどのように役立つかにを説明します。労働力エコシステムアプローチは、組織における仕事のやり方を変えている、技術、社会、経済の力によって推進される根本的な変化に対処するのに役立ちます。労働力エコシステムを採用している企業は、これらの変化を利用して、労働を戦略とうまく整合させることができます。 

The disconnect disconnect: Aligning culture and policy to mend the rift between needing time off and taking it (Global, Jan 2021) 英語記事
休暇は労働者が燃え尽きるのを回避し、最高レベルのパフォーマンスを発揮するのに役立つという証拠があるにも関わらず、ほとんどの労働者は休暇を十分に取っていません。組織は休暇ポリシーとそれを利用に関する文化との亀裂を修正する時期かもしれません。この記事では、この亀裂の考えられる結果を調査し、休暇に対処するために一部の組織が導入しているポリシーのアップデートを確認するとともに、組織が休暇ポリシーと文化をより適切に調整するためのフレームワークを提供します。

The home-based worker (Global, Jan 2021) 英語記事
COVID-19の発生以降、世界中の何百万人もの市民が自宅で仕事をすることを余儀なくされ、通常の働き方のパターンを変えています。過去10年間のデジタル技術の進歩により、先進国のほとんどの労働者は在宅勤務の技術的ケイパビリティを持つことが可能になりましたが、彼らが遭遇した障壁や問題は何でしょうか。ビデオ会議ソフトウェアのドロップなどの技術的な問題から、家族との生活と勤務時間のバランスを取るのが難しい、他のチームメンバーとの連絡不足などの人間に関連する障壁まで、リモートワーカーは、仕事のやり方に関する前提や期待に影響を与える一連の課題に直面しています。この記事では、COVID-19が職場にどのように影響を与えているか、そしてテクノロジーが新しい景観の形成にどのように役立っているかを探ります。 

The new knowledge management (Europe, Jan 2021) 英語記事
パンデミックが伝統的な働き方に挑戦してから、知識移転はさらに重要になっています。テクノロジーだけでは知識管理の価値を引き出すのに十分ではないことは今や明らかです。さらに従業員は、テクノロジーツールとプラットフォームに基づく従来の知識管理よりも多くを雇用主に期待していることは明確です。ビジネスリーダーは、知識の共有を従業員の優先事項にするために、包括的アプローチを採用する必要があります。DeloitteのEuropean Workforce Surveyによれば、知識移転を優先する企業は、収益成長や顧客満足度に関してより競争力が高いと従業員から認識されています。この記事では、組織が人間的な要素を過小評価せず、知識の共有を願望とするのに役立つ期待、目的、役割、報酬をいかに定義すべきかを探ります。

From survive to thrive - The future of work in a post-pandemic world (Global, Jan 2021) 英語記事
この記事では、経営幹部が回復と成長に向けて前進するために優先すべき重要な仕事、従業員、職場の戦略について概説しています。これらには以下が含まれます。

  • 仕事の再構築 – 新しい将来の仕事の願望と成果を定義し、テクノロジーを利用して人間の能力を実現、向上させることで何ができるのか、「可能性の芸術」に焦点を当てるときです。
  • 従業員の解放– 組織内外で、従業員についての考え方に挑戦し、テクノロジーを利用して人間の可能性を認識し、解放する必要があります。
  • 職場の適応 – フィジカル・バーチャル職場のエコシステムを含む拡大した職場環境で要求される組織的・文化的変化と、相互に協力、エンゲージ、結び付ける方法に関する期待を過小評価することはできません。

Create opportunity for and with the workforce (Global, Jan 2021)英語記事
Future of workを成功させる準備ができている企業は、継続的改善に焦点を合わせ、顧客中心アプローチで、新しい製品、サービス、エクスペリエンスを迅速に創造するために組織されています。一方で効率性と生産性を重視し、他方で革新性と価値を重視するバランスをとる能力は、それらの企業を際立たせ、起業家的な企業が大手企業を相手にしたり、産業再編したりすることを可能にします。この記事では、リーダーはジョブではなく仕事を再定義することで、従業員に力を与え、より多くの価値、新しいサービスを生み出し、顧客とのより良い関係を構築する可能性を与える方法を探ります。

Digital transformation

Cloud helps accelerate midsize companies’ AI adoption (Global, Jan 2021)
英語記事
中規模企業は、クラウドやas-a-Serviceモデルを介してますますAIを利用しています。テクノロジーソフトウェアプロバイダーが、この増大する需要をどのように捉え、中規模セグメントを効果的に対処できるかを探ります。

Risk management

World Class Risk Assurance - Connect. Modernise. Digitise. (UK, Jan 2021) 英語記事
デジタルテクノロジーの加速とリスクやアシュアランスへのアプローチを見直す機会は、業界全体の基本的な前提やオペレーションモデルに挑戦する方法で組織を根本的に変えています。企業のリーダーとして、従来の適合アプローチを超える、コネクテッドでリスクインテリジェントな免疫システムが必要になります。組織がアシュアランス、コンプライアンス、リスクへのアプローチをコネクト化、近代化、デジタル化(CMD)できる場合、防衛線を越えてデジタルテクノロジーと新しい働き方を採用できるようになります。これにより、最適なパフォーマンス、生産性の向上、収益性の向上、リスク管理の向上、コンプライアンスコストの削減を実現できます。 CMDの概要についてはレポートをお読みください。

Rethinking IT Internal Audit: A New Mind-Set for Today's IT-Driven Enterprise (Global, Jan2021) 英語記事
内部監査部門は、従来、ITを支援イネーブラーとして個別のITに焦点を当ててきました。 新しい現実には、内部監査への新しい統合アプローチが必要です。これは、組織がビジネス戦略を実行しないリスクを軽減するのに役立つ重要なアドバイザーとして、IT内部監査を折り畳むものです。この記事では、取締役会での責務や必要なアクションについて説明しています。

Leadership

2021 Deloitte Global resilience report (Global, Jan 2021) 英語記事
この記事では、組織が2020年の激動の出来事にどのように対処したかを調査し、レジリエントな組織を特徴づける5つの性質(Prepared、Adaptable、Collaborative、Trustworthy、Responsible)を特定しました。21カ国の2,000人を超える経営幹部を対象とした本調査では、サイバー攻撃であれヘルスパンデミックであれ、ディスラプションを予測して投資する組織は、対処、回復、成長するのに良い立場にあることが確認されています。これは事前準備が重要であるという概念を実証し、組織の実行可能性を高めるための教訓を提供します。グローバルCXOの60%以上が、今後この規模のディスラプションが時折または定期的に起こると考えており、レジリエンスを備えたビジネスの再構築が不可欠となる一方で、組織が将来の脅威に迅速に適応できると完全に確信しているリーダーは3分の1以下しかいません。

Get Out In Front: Global Research Report (UK, Jan 2021) 英語記事
6つの先進国、10,000人に対してCOVID-19前後における6つの論点(気候変動、環境、成長と消費、地球規模の変化、デジタル革命、社会的・文化的変化)に関する姿勢を調査し、それらの論点が行動と評判にどのように影響するかを調べました。私たちは、どの論点が最も重要であるかに関する公衆の姿勢を明確にし、COVID-19がその変化への欲求を変えたかをテストし、彼らがビジネスとそのリーダーに何を期待しているかを理解しました。

Strategy

Enterprise Business Planning: From connection to integration (US, Dec 2020) 英語記事
この記事では、エンタープライズビジネスプランニング(EBP)が、サプライチェーンやファイナンス、マーケティング等を含んだ機能全体の計画を真に統合し、具体的な価値を推進する方法について説明します。また、組織内でEBPを採用して加速するための5つのステップを探ります。

Mining

Tracking the trends 2021 (Global, Jan 2021) 英語記事
2020年は世界を驚かせ、鉱業セクターのリーダーは戦略的目標と優先順位のリセットを余儀なくされました。Tracking the trendsの第13版では、信頼をストーリーの中心に置き、投資家や従業員から地域社会や社会に至るまでステークホルダーのエコシステム間の信頼を高めたり再構築したりするために、鉱業会社が何を考慮すべきかについての見解を共有します。