お知らせ

和歌山県におけるIR(統合型リゾート)基本構想策定のアドバイザリー業務委託

有限責任監査法人トーマツが本業務を受託

和歌山県は、IR(統合型リゾート)の県内誘致に向けた基本構想策定業務を有限責任監査法人トーマツに委託することを決定しました。業務内容は、海外のIR事例調査、和歌山県におけるIRの事業性分析、交通インフラの概況調査、RFC(事業構想公募)に向けた準備、基本構想素案のブラッシュアップ等となります。

概要および記事掲載

有限責任監査法人トーマツは、和歌山県におけるIR(統合型リゾート)基本構想策定のアドバイザリー業務委託を受託しました。

本業務においては、海外のIR事例調査(投資規模、経済波及効果、雇用効果などの分析)、和歌山県におけるIRの事業性分析(外国人専用とそうでない場合)、交通インフラの概況調査(和歌山県マリーナシティへの輸送余力の概要分析など)、RFC(事業構想公募)に向けた準備、基本構想素案のブラッシュアップ等となります。

業務委託期間は2018年3月30日までです。

有限責任監査法人トーマツは、IRビジネスグループが培ってきた知見を活用し本業務に取り組んでまいります。

また本件については、建設通信新聞(2017年9月13日11面)建通新聞大阪版(2017年9月29日3面)、朝日新聞(2017年9月13日朝刊23面)に取り上げられました。 

本記事に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問いわせください。
IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえたIRビジネスに関連する幅広い調査・分析を行っています。

IR(統合型リゾート)ビジネスグループ

info-irbg@tohmatsu.co.jp

IR(統合型リゾート)ビジネスグループとは

IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法案の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。

また、カジノ施設の設置と運営にはさまざまな課題やリスクが指摘されています。そのため、IRビジネスグループでは、日本企業に対する事業支援サービスだけでなく、企業と自治体に対し、IR施設を設置・運営する上で懸念される課題と社会問題の解決に関するアドバイザリーサービスも提供します。

 

>>IRビジネスグループの紹介<< 

IR(統合型リゾート)ビジネスグループの最新活動

下記IR(統合型リゾート、Integrated Resort)についての海外事例のナレッジを提供している、IRビジネスグループの最新の活動をご紹介いたします。

 

【IRビジネスグループの最新活動】

>IR実施国の調査報告書~平成27年度 横浜市委託調査
先進的な統合型リゾート導入事例等について情報を収集・集約・整理・分析等を行い、横浜市の取り組みを支援。

>IR整備状況などの調査報告書~平成26年度 東京都委託調査
海外における統合型リゾートに関する調査業務を受託。

>特定複合観光施設区域に関する調査~平成26年度 内閣官房委託調査
海外での先進的な統合型リゾート導入事例等について情報を収集・集約・整理・分析し、統合型リゾートを検討する内閣官房の取り組みを支援。

>書籍『カジノ産業の本質 ~社会経済的コストと可能性の分析~』を監訳(2015年6月発行)
カジノの光と影/IRビジネスを経済の視点から解説。

>『月刊レジャー産業資料』2015年6月号〔特集〕統合型リゾートに執筆
「海外にみるギャンブル依存症対策の枠組み」と題して、有限責任監査法人トーマツ パートナー 仁木 一彦 および マネジャー 西 翼 が執筆。

お役に立ちましたか?