コーポレート情報

障がいのあるメンバーの活躍推進

デロイト トーマツ グループでは、障がいを持つ社員・職員が能力を十分に発揮し、活躍できる環境の構築に力を入れています。

トーマツチャレンジド株式会社

有限責任監査法人トーマツの100%出資の特例子会社トーマツチャレンジド株式会社では、障がいがある方でも活躍できる環境を用意しています。トーマツチャレンジドにおける取り組みを以下に紹介します。

>> 業務内容の詳細はこちらをご覧ください。

 

業務における工夫

障がいのあるスタッフの特性や習熟度により、業務を構造化、細分化し、理解しやすい業務マニュアルや作業指示書を作成しています。

チーム制によるサポート

障がいのあるメンバーの職場定着を支援するため、企業在籍型職場適応援助者、精神保健福祉士、社会福祉士、臨床心理士等の専門知識を有するメンバーを配置し、チーム制によるサポート体制を構築しています。各現場をリードして共に働くチーム(ワーク)、つまずきのある業務を集中支援するチーム(ジョブコーチ)、就業上の特別な問題に対処するチーム(専門支援)、各チームが連携しながら働く職場をサポートしています。

Inclusiveな職場環境

特例子会社のみでなく、グループ内各ビジネスでメンバーの一員として力を発揮する障がい者スタッフもいます。強みを活かし、部署の一員として戦力となることで自然と交流が生まれることもデロイト トーマツ グループの特色です。

また、Inclusiveな風土醸成に向けて、障がいに関する知識や ともに働くこと に向けた勉強会を定期的に開催しています。

ステップアップの仕組みづくり

グループ各社が連携して、障がいのあるスタッフのスキルや特性に合わせた様々な業務に従事、成長できる仕組みづくりをしています。

お役に立ちましたか?