ナレッジ

IR事業における公認会計士監査制度の枠組み

IR整備法においてIR事業者に義務付けられる公認会計士監査制度の概要

日本でIR区域が最大3ヶ所認定されることに伴い、最大3つのIR事業者が日本でIR事業を実施することとなりますが、IR事業者には国土交通大臣に対する定期的な財務報告書等の提出が義務付けられることになります。

本稿では、特定複合観光施設区域整備法(以下、IR整備法)を踏まえたIR事業における公認会計士監査制度の枠組みの概要について解説します。

IR事業者は、事業年度ごとの財務報告書の提出に加え、財務報告に係る内部統制報告書の提出、さらには3か月ごとの四半期報告書の提出が求められることになります。

基準や手続等詳細については国土交通省令にて規定されることになりますが、IR整備法において、監査制度の概略が規定されています。

それによると、国土交通大臣により区域認定を受けた認定設置運営事業者となるIR事業者は、事業年度ごとに「財務報告書」及び「財務報告に係る内部統制報告書」を作成する必要があり、また、四半期ごとに「四半期報告書」を作成する必要があります。

財務報告の透明性をより確保するという立法趣旨の下、非上場企業の場合でも四半期報告書の作成や財務報告に係る内部統制報告書の提出が義務付けられていることは特徴の一つといえます。

項目 内容 条文

財務報告書

事業年度ごとに、「財務報告書」を、認定都道府県等の同意を得て、当該事業年度経過後3ヵ月以内に、国土交通大臣に提出しなければならない。

また、「財務報告書」は公認会計士又は監査法人の監査証明を受けなければならない。

IR整備法
第28条4項、15項

財務報告に係る内部統制報告書

事業年度ごとに、「財務報告に係る内部統制報告書」を、財務報告書と併せて認定都道府県等の同意を得て、国土交通大臣に提出しなければならない。

また、「財務報告に係る内部統制報告書」は公認会計士又は監査法人の監査証明を受けなければならない。

IR整備法
第28条8項、15項

四半期報告書

その事業年度の期間を3ヵ月ごとに区分した期間ごとに、「四半期報告書」を、認定都道府県等の同意を得て、当該各期間経過後45日以内の国土交通省令で定める期間内に、国土交通大臣に提出しなければならない。

また、「四半期報告書」は公認会計士又は監査法人の監査証明を受けなければならない。

IR整備法
第28条11項、15項

 

デロイト トーマツは、グローバルで多くのゲーミング(カジノ)事業の会計監査を数多く担当しています。

本稿に関して、より詳細な内容や関連資料等をご要望の場合は以下までお問い合わせください。

IR(統合型リゾート)ビジネスグループでは、Deloitteのグローバルネットワークを活用し、海外事例等を踏まえた、スマートシティに関連する幅広い調査・分析・助言も行っています。

スマートシティに関するナレッジ・最新情報
 

IR(統合型リゾート)ビジネスグループ
info-irbg@tohmatsu.co.jp

IRビジネスのアドバイザリーサービスに関するお問い合わせ

IR(統合型リゾート)ビジネスグループとは

IR(Integrated Resort:統合型リゾート)実施法案の審議開始から免許交付までの間に、IRビジネスグループでは参入を目指す日本企業に対し、さまざまなアドバイザリーサービスを提供します。

また、カジノ施設の設置と運営にはさまざまな課題やリスクが指摘されています。そのため、IRビジネスグループでは、日本企業に対する事業支援サービスだけでなく、企業と自治体に対し、IR施設を設置・運営する上で懸念される課題と社会問題の解決に関するアドバイザリーサービスも提供します。

>>IRビジネスグループの紹介<<

IR(統合型リゾート)ビジネスグループの最新活動

下記IR(統合型リゾート、Integrated Resort)についての海外事例のナレッジを提供している、IRビジネスグループの最新の活動をご紹介いたします。

IR(統合型リゾート)ビジネスグループの最新トピックス

新着コンテンツ
講演等の活動・受託案件実績の紹介
お役に立ちましたか?