ナレッジ

書籍『カジノ産業の本質 ~社会経済的コストと可能性の分析~』を監訳(2015年6月発行)

カジノの光と影/IRビジネスを経済の視点から解説

IR(カジノを含む統合型リゾート施設)事業に参入意向を持つ地方自治体の担当者、関連企業の担当者にとって、多くの示唆と判断材料を与えてくれる、カジノ産業の本質を理解するうえでの、バイブル的存在である書籍『カジノ産業の本質 ~社会経済的コストと可能性の分析~』の監訳を、有限責任監査法人トーマツ パートナー 仁木 一彦が務めました。

内容紹介

書籍『カジノ産業の本質 ~社会経済的コストと可能性の分析~』

カジノの光と影/IRビジネスを経済の視点から解説

”1兆円産業”ともてはやされるカジノ産業。だが、ギャンブル依存症や犯罪増加、青少年への影響など負の部分も合わせ持つ。国や地方自治体にもたらす経済効果と、負担しなければならない社会的コストは見合うのか。気鋭の経済学者がカジノ産業先進国である米国の実例、統計データ、調査資料をもとに徹底分析。

IR(カジノを含む統合型リゾート施設)事業に参入意向を持つ地方自治体の担当者、関連企業の担当者にとって、多くの示唆と判断材料を与えてくれる、カジノ産業の本質を理解するうえでの、バイブル的存在である。

 

◆原書名:Casinonomics: The Socioeconomic Impacts of the Casino 

◇著者:ダグラス・M・ウォーカー 氏(Douglas M. Walker チャールストン大学教授)

◇監訳者:佐々木 一彰 氏(日本大学経済学部専任講師)、仁木 一彦(有限責任監査法人トーマツ パートナー)

◇翻訳者:山田 美明 氏・田畑 あや子 氏・岡本 由香子 氏(株式会社リベル)

■A5 

■348ページ 

□価格 : 4,860円(税込み) 

□ISBN : 978-4-8222-3621-2 

□発行元 : 日経BP社 

□発行日 : 2015/06/15 


>>本書を購入希望の方はコチラ ※外部Web

 

IRビジネス・リサーチグループの最新活動

下記IR(統合型リゾート、Integrated Resort)についての海外事例のナレッジを提供している、IRビジネス・リサーチグループの最新の活動をご紹介いたします。

 

【IRビジネス・リサーチグループの最新活動】
>IR実施国の調査報告書~平成27年度 横浜市委託調査
>IR整備状況などの調査報告書~平成26年度 東京都委託調査
>特定複合観光施設区域に関する調査~平成26年度 内閣官房委託調査
>『月刊レジャー産業資料』2015年6月号〔特集〕統合型リゾートに執筆

 

お役に立ちましたか?