サービス

不正・不祥事対策としての組織風土診断

自社の「組織風土」の現状を把握するには、サーベイ(アンケート調査)により全従業員の声(気持ち)を聞き、可視化することが最初の一歩です。

サーベイ(アンケート調査)の調査体系

「不正・不祥事が起きにくい組織風土」の醸成に必要な施策を効果的に導くために、「マネジメント層との信頼関係」「職場内の信頼関係」「職場の慣習・制度」「個人の意識」の4つのテーマとそれを構成する8つのカテゴリーからなる質問で現在の組織風土の状態を確認します。

クリックすると拡大版をご覧になれます

組織風土醸成に必要なアプローチに基づく調査結果の分析

「不正・不祥事が起きにくい組織風土」の醸成には、単なるメッセージの発信や教育・研修といった施策のみに留まらない総合的なアプローチが必要となります。アンケート調査の結果を「経営」「コミュニケーション」「制度」「事業環境」の4つのアプローチの視点で整理することで、アンケートで把握した従業員の声(気持ち)を施策に活かすための方向性をご提案します。

上記に加え、不正・不祥事が起きない職場にとって重要な「心理的安全性」の観点からも調査結果を分析します。

クリックすると拡大版をご覧になれます

具体的な施策・アクションプランの検討・実施に役立つ成果物(アウトプット)

全体の調査結果は調査体系ごとのサマリーのほか、心理的安全性分析の結果についてもお示しします。個々の質問の集計結果の表示だけでなく、自由記述欄から抜粋した従業員の「生の声」についてもお示しします。

サーベイの結果は「不正・不祥事が起きにくい組織風土」醸成に必要なアプローチごとに整理し、検討すべき施策の方向性をご提案します。

クリックすると拡大版をご覧になれます

不正・不祥事対策としての組織風土診断のPDFダウンロード

本サービスを紹介したブロウシュアはこちらよりダウンロードできます。

[PDF, 839KB]

不正・危機対応の最新記事・サービス紹介は以下からお進みください。

>> フォレンジック&クライシスマネジメント:トップページ <<

プロフェッショナル

中島 祐輔/Yusuke Nakashima

中島 祐輔/Yusuke Nakashima

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

フォレンジック & クライシスマネジメントサービス統括 会計不正、品質偽装、贈収賄など様々な不正・不祥事事案に調査委員や責任者として関与。ステークホルダー対応等の危機管理や再発防止策導入など危機に直面した企業を信頼回復まで一貫して支援している。会計監査を経験後、2002年にDTFAに参画。M&A、企業再生、組織再編など広範な領域でプロジェクトマネジメントの経験を有する。2018年より現職。2021... さらに見る

佐藤 保則/Yasunori Sato

佐藤 保則/Yasunori Sato

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

監査法人トーマツ(現・有限責任監査法人トーマツ)に入社後、国内法定監査・IPO支援に従事。その後2007年よりデロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社にて事業再生における調査、事業計画策定、金融支援交渉、スポンサー選定業務の他、M&A関連の調査等に従事。その後、大手自動車メーカーに出向し、国内事業会社の再編業務に携わる。2015年よりフォレンジックサービス部門に異動し、複数の大型... さらに見る