ナレッジ

クライシスマネジメント メールマガジン

自然発生・人為的発生、あるいは経済、政治、金融、技術的な理由にかかわらず、甚大度と頻度を増しつつあるクライシスマネジメント(危機管理)に関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス情報などを提供します。

2021年6月9日発行 メールマガジン

クライシスマネジメントメールマガジン(第38号)

 

トピックス

不正防止のための組織風土醸成~品質不正を題材に

不正を起こさせないための取り組みとして、統制活動、内部通報や内部監査といった仕組み作りに加え、同等の、またはそれ以上に大切なのがいわゆる組織風土の醸成です。今回は品質不正を題材に、不正防止における組織風土醸成の重要性や不正を起こさせない組織風土を醸成するためのポイントをご紹介します。

執筆者
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
フォレンジック&クライシスマネジメントサービス
扇原 洋一郎(シニアヴァイスプレジデント)
 

シリーズ:製造業の経営窮境要因と事業再生に向けた打ち手 第5回
事業再編・事業構造改革(その2)

一部のBtoBを主とする製造業は一気に経営危機、もしくはその予備軍に陥っており、我々にも数多くの相談が寄せられています。こうした窮境状況の企業に対して、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社では事業再生に向けた支援を行っており、そのノウハウをもとに製造業の再生への処方箋をシリーズで共有しています。第5回は本シリーズの最終回として、海外拠点統廃合の進め方を具体的な事例を通して紹介します。

執筆者
デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社
グローバルリストラクチャリングアドバイザリー
小川 幸夫(シニアヴァイスプレジデント)
五十鈴川 憲司(シニアヴァイスプレジデント)

バックナンバータイトル

シリーズ:製造業の経営窮境要因と事業再生に向けた打ち手

2020年初頭からのコロナ禍は製造業も直撃した。最終製品を製造するメーカーが世界中で生産調整を実施した結果、コロナ禍以前から経営状況が芳しくなかった一部のBtoBを主とする製造業は一気に経営危機、もしくはその予備軍に陥っており、我々にも数多くの相談が寄せられている。このような窮境状況の企業に対して、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社では事業再生に向けた支援を行っている。今回はこのような製造業の再生への処方箋を、シリーズを通じて紹介する。
 

第4回
事業再編・事業構造改革(その1)

執筆:小川 幸夫、五十鈴川 憲司

第3回
窮境状況を乗り越えるための財務基盤・事業基盤強化
執筆:小川 幸夫

第2回
窮境における資金管理・資金創出
執筆:内藤 貴世志

第1回
製造業の経営窮境要因のパターンと事業再生の方向性
執筆:山西 顕裕/石川 和典

 

シリーズ:丸ごとわかるフォレンジックの勘所

現代社会においてコーポレートガバナンス(企業統治)やコンプライアンス(法令遵守)が経営上必要不可欠な重要事項として一般的に認識されるようになっています。一方で、グローバルベースでの競争激化は企業に高い売上目標達成とさらなるコスト削減を迫り、人々が不正を働く動機、プレッシャーは高まっています。また、企業活動のグローバル展開で、内部統制の水準をすべての拠点で保つことが困難になり、不正を実行する機会も増えている。実際にメディアにおいても、財務諸表の意図的な改ざん、品質に関する偽装等が連日のように報道されています。

本シリーズでは、そのような環境変化を受けて一般化しつつあるフォレンジックの勘所を、不正の予防・発見、対処、再発防止という3つの局面に分けて解説します。
 

第32回
調査委員会における社内事務局の役割
執筆:石崎 圭介

第31回
継続的かつ総合的な不正リスク管理の必要性とポイント
執筆:川中 雄貴

第30回
有事を想定したインフォメーションガバナンスの要諦
執筆:齋藤 滋春

第29回
新たなリスクコントロール手段として広まるボイスフォレンジック
執筆:岡田 大輔

第28回
日本版司法取引について ―ある事例の検討とともに―
執筆:内藤 裕史

第27回
クライシスに強い会社、弱い会社 ―危機への「耐性」と「体制」の考え方―
執筆:清水 亮

第26回
危機管理広報(クライシスコミュニケーション)の失敗事例と広報対応4つのポイント(実務編)(2/2)
執筆:清水 亮

第25回
危機管理広報(クライシスコミュニケーション)の失敗事例と広報対応4つのポイント(事例編)(1/2)
執筆:清水 亮

第24回
Withコロナ、Postコロナ時代における海外駐在員の役割に関する考察(2/2)
執筆:扇原 洋一郎

第23回
Withコロナ、Postコロナ時代における海外駐在員の役割に関する考察 (1/2)
執筆:扇原 洋一郎

第22回
不正と会計監査~会計不正発覚後の監査対応上の留意点(1/2)
執筆:石崎 圭介、伊藤 雅樹

第21回
不正と会計監査~会計不正発覚後の監査対応上の留意点(1/2)
執筆:石崎 圭介、伊藤 雅樹

第20回
品質偽装問題発生時のポイント(2/2)

執筆:小川 圭介、清水 隆之、 髙山 彰

第19回
品質偽装問題発生時のポイント(1/2)
執筆:小川 圭介、清水 隆之、 髙山 彰

第18回
不正発生時の開示制度への対応のポイント
執筆:穂坂 有造/高山 和也

第17回
データが語る不正の事実
執筆:岡田 大輔

第16回
不適切な文書管理が企業にもたらすダメージ
執筆:齋藤 滋春

第15回
最近の不正・不祥事の傾向と考察(2/2)
執筆:井本 元毅/奥山 結紀

第14回
最近の不正・不祥事の傾向と考察(1/2)
執筆:井本 元毅/奥山 結紀

第13回
不正の再発を防止する内部統制構築のポイント(2/2)
執筆:川中 雄貴/濵田 真司

第12回
第1回不正の再発を防止する内部統制構築のポイント(1/2)
執筆:大田 和範/ 高山 和也

第11回
日本企業も決して無関係ではないFCPA(海外腐敗行為防止法)の現状と対策(2/2)
執筆:プリボスト 真由美

第10回
日本企業も決して無関係ではないFCPA(海外腐敗行為防止法)の現状と対策(1/2)
執筆:プリボスト 真由美

第9回
企業における危機につながる不正発生時のステークホルダー対応のポイントとは(2/2)

執筆:小杉 徹/佐藤 保則

第8回
企業における危機につながる不正発生時のステークホルダー対応のポイントとは(1/2)

執筆:小杉 徹/佐藤 保則

第7回
不正調査のポイント(3/3)

執筆:垂水 敬

第6回
不正調査のポイント(2/3)

執筆:垂水 敬

第5回
不正調査のポイント(1/3)

執筆:垂水 敬

第4回
フォレンジックにおけるデータアナリティクス利用の実務

執筆:穂坂 有造

第3回
監査役による経営者不正の抑止のポイント

執筆:島村 慎吾/奥山 結紀

第2回
効果的な不正リスク評価実施のポイント
執筆:尾花 浩介/川中 雄貴

第1回
実効性ある内部通報ホットラインの設置・運用のポイント

執筆:渡邉 哲也/大田 和範

 

その他

不正の未然防止のための犯罪心理学の活用
執筆:扇原 洋一郎

リモート支援型不正監査(RAFA)のすすめ
執筆:扇原 洋一郎

個人情報の漏洩リスクの高まりと対策
執筆:清水 亮

(鼎談)サイバー/リーガル/リスクマネジメントの3つの観点から考える情報漏えいへの対処
参加者:内藤 裕史/井上 健一/清水 亮

(鼎談)情報漏えいの影響を最小化し、迅速な対処を実現するために求められる取り組み
参加者:内藤 裕史/井上 健一/清水 亮

 

「企業の不正リスク調査白書 Japan Fraud Survey 2020-2022」を発表
執筆:中島 祐輔

メールマガジンお申し込み、配信メールマガジンの変更

メールマガジン配信、配信メールマガジンの変更をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
>配信のお申し込み、配信メールマガジンの変更

お申し込みの際はメールマガジン利用規約、プライバシーポリシーをご一読ください。
>メールマガジン利用規約
>プライバシーポリシー

お役に立ちましたか?