About us

女性活躍推進

有限責任監査法人トーマツでは、女性活躍推進をダイバーシティ&インクルージョンの重要テーマのひとつとして位置づけ、女性活躍に関する2020年の数値目標達成に向けた行動計画を策定・実行しています。

女性の積極育成

■女性トップマネジメント育成
女性のトップマネジメント育成に向けた特別育成プログラムを実施しています。

■女性パートナー/ディレクター登用の強化
女性パートナー/ディレクターの登用を促進するために、様々な施策を実行しており、女性比率も順調に推移しています。    
・女性パートナー/ディレクター候補及びシニアマネジャー/マネジャー候補への育成担当パートナーのアサイン・個別育成計画の実施 
・登用会議メンバーを対象とした研修を実施
・D&Iの視点を入れた登用プロセスのモニタリング強化

■女性管理職のパイプライン強化(スタッフ層の採用・昇格・定着強化)
女性管理職候補のパイプライン強化を目的に様々な施策を実行しています。

・女性を対象としたリクルートイベントの実施
・スタッフ層と管理職層の女性ネットワーキングイベント
・評価プロセスにおけるアンコンシャスバイアス(非意識の偏見)の排除に向けた社内研修の実施

■デロイト トーマツ企業内保育園
デロイト トーマツ グループは、グループのプロフェッショナルの多様な働き方の支援として、企業内保育園を2018年4月に開園しました。

■監査法人初の「くるみん」、「えるぼし」の認定を受ける
有限責任監査法人トーマツは、子育て支援に積極的に取り組む子育てサポート企業として「くるみん」の認定を受けています。
また、2018年5月、女性の活躍推進に関する状況が優良な企業として、「えるぼし」3段階目(最高位)の認定を受けました。

詳細はこちら

女性活躍推進に関する行動計画・数値目標

■行動計画
有限責任監査法人トーマツは女性活躍推進に関する数値目標を達成するため、以下のように行動計画を策定しました。法人一体となり、取り組みを実施していきます。
行動計画の詳細は、添付ダウンロードファイルよりご覧ください。

 

(PDF,84KB)

■数値目標

監査法人全体
・女性ボードメンバー3名、女性執行役1名
監査・保証事業本部
・女性パートナー・ディレクター比率:10%
・女性管理職比率:20%
・男性の育児・介護事由での休暇取得
・配偶者が出産した場合の休暇取得率:100%
リスクアドバイザリー事業本部
・女性パートナー・ディレクター比率:8.7%
・女性管理職比率:16.8%

■現状データ(2019年2月28日現在)

監査法人全体
・女性ボードメンバー3名、女性執行役1名
監査・保証事業本部
・女性パートナー・ディレクター比率:8.2%
・女性管理職比率:15.7%
リスクアドバイザリー事業本部
・女性パートナー・ディレクター比率:6.6%
・女性管理職比率:15.8%

Did you find this useful?