コーポレート情報

沿革

1968年5月、初の全国規模の監査法人として等松・青木監査法人が誕生しました。設立当初より国際化をめざし、40年以上に渡り、デロイトとの業務提携関係を継続しています。

関連コンテンツ

1968年 5月
等松・青木監査法人設立

1975年 5月
トウシュ ロス インターナショナル(TRI)へ加盟

1986年 10月
監査法人サンワ事務所(1973年6月設立)と合併し、法人名称を「サンワ・等松青木監査法人」に変更

1988年 4月
監査法人丸の内会計事務所(1968年12月設立)と合併

1988年10月
監査法人西方会計士事務所(1969年8月設立)及び監査法人札幌第一会計(1976年4月設立)と合併

1990年 2月
TRIがデロイト ハスキンズ アンド セルズ インターナショナルと合併(1月)し「デロイト ロス トーマツ インターナショナル(現 デロイト トウシュ トーマツ リミテッド(DTTL))」となったことに伴い、監査法人三田会計社(1985年6月設立)と合併し、名称を「監査法人トーマツ」に変更

2001年 4月
サンアイ監査法人(1983年5月設立)と合併

2002年 7月
監査法人誠和会計事務所(1974年12月設立)と合併

2009年 7月
有限責任監査法人へ移行し、法人名称を「有限責任監査法人トーマツ
(英文名称:Deloitte Touche Tohmatsu LLC)」に変更

お役に立ちましたか?