コーポレート情報

障がいのあるメンバーの活躍推進

デロイト トーマツ グループでは、障がいのある社員・職員が能力を十分に発揮し、活躍できる環境の構築に力を入れています。

多様なメンバー

デロイト トーマツ グループには200名超の障がいのあるメンバーが所属しており、各法人の特性に応じて多様なメンバーが活躍しています。

デロイト トーマツ グループの障がい者メンバーは多様なバックグラウンドで構成されています
クリックすると拡大版をご覧になれます

多様な業務

有限責任監査法人トーマツの特例子会社であるトーマツチャレンジド株式会社では、国内9拠点において、メールルームやパントリーサービス、パソコンのセットアップなど事務補助業務や園芸業務において、各個人の強みを活かした業務配置をしています。

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社(DTFA)とデロイト トーマツ税理士法人では共同でマッサージルームを、またDTFAでは農園も運営しています。

デロイト トーマツ コーポレート ソリューション合同会社の事務職領域では、翻訳や経理、人事業務等において、トーマツチャレンジド株式会社他からの出向受け入れや地区オフィスでの雇用に対応しています。

ビジネスの特性に応じた多様なフィールドがあり、同じオフィスの中で障がいの有無に関わらず各分野のプロフェッショナルとして成長するチャンスを広げています。

関連リンク:

合理的配慮

障害者手帳を所持するメンバーについては、本人からの申し出と協議・合意のうえ、以下のとおり配慮を実施しています。

  • 採用面接時の支援者の同席の許可
  • 職場体験実習の実施
  • マニュアル等の整備
  • 社内専門家や相談窓口の設置
  • その他、本人の希望する配慮事項の確認と協議

また、グループ内で法人を超えた人材交流を行っている他、定期的に障がい者雇用に関連した勉強会開催や、全社一斉配信メールによる啓発活動に取り組んでいます。

※ 職場体験実習の実施は、各主要法人の方針による

デロイト トーマツ グループはThe Valuable 500に加盟しています

デロイト トーマツ グループは、障がい者の活躍推進に取り組む「The Valuable 500」の主旨に賛同し加盟しています。

「The Valuable 500」は、2019年1月に開催された世界経済フォーラム年次総会(通称 ダボス会議)において立ち上げられた活動で、障がい者が社会、経済にもたらす潜在的な価値を発揮できるような社会づくりの推進を目的に、世界で500社以上の賛同・参加を得ることを目指しています。

詳しくはこちらのニュースリリース(2021年4月12日付)をご覧ください。

The Valuable 500ロゴ
お役に立ちましたか?