マークダウン最適化ソリューション(Markdown Optimization Solution)

サービス

マークダウン最適化ソリューション(Markdown Optimization Solution)

機械学習やアナリティクスを活用し、アパレル・小売業において課題となる在庫消化と粗利確保の両立実現を支援します。

マークダウン最適化とは

アパレル・小売業において、MD(マーチャンダイジング)計画の策定をはじめ、企画、店舗への初回配分、在庫補充、店間移動、そしてマークダウンへといたる一連の業務は、利益に直結するビジネスの根幹である一方で、長年にわたり経験や勘、センスにより判断される傾向が強く、属人的なプロセスとなっていました。 

このような課題に対し、在庫の一掃で得られる利益と、値下げを抑制することで得られる利益のバランスをとり、全商品を定価で販売した場合に得られたはずの売り上げを基準とした場合の「失われた利益」を最小化し、「粗利確保」と「在庫消化」の適切なバランスを導くことで、企業の利益の最大化を実現します。

マークダウン最適化とは
画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

マークダウン最適化ソリューションの主な特徴

デロイト トーマツ コンサルティングが提供するマークダウン最適化の仕組みには、主に4つの特徴があります。 

・同シーズンにおける過去のマークダウン実績や直近の販売動向に基づくシミュレーションに加え、販売チャネル別、店舗別、国別、複数の通貨別といった多様な条件に応じた、最適なマークダウンを提案 

・機械学習(マシンラーニング)機能により、販売データ(価格変更時の価格弾力性や販売減衰、季節要因による増減傾向)を蓄積し、分析精度を高めることが可能 

・マークダウン推奨値の計算・レビュー・案の作成、新価格の適用から効果検証までをスピーディーに実現 

・クラウドサービスのため、システム導入が安価で容易

マークダウン最適化の仕組み
画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

マークダウン最適化ソリューションのサービスモデル

コンサルティングサービス、マネージドサービス、アセットの3つを提供し、課金形態は初期構築費およびアセット提供を除き、成功報酬モデルをとります。クライアント企業のご要望に沿ったツールの編集ができ、現行システムやプロセスとのシームレスな統合が可能です。スピーディーな実装に向けて支援、柔軟にサービスを提供します。

マークダウン最適化ソリューションのサービスモデル
画像をクリックまたはタップすると、拡大版をご覧になれます

具体的なアウトプットイメージ

マークダウン推奨値のほか、販売予測や最新の実績、各種KPIが表示できます。

具体的なアウトプットイメージ

プロフェッショナル

鬼頭 孝幸/Takayuki Kito

鬼頭 孝幸/Takayuki Kito

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

化粧品、アパレル、食品・飲料などの消費財メーカー、百貨店や専門店などの流通企業に対し、グローバル戦略、事業戦略、マーケティングなどの領域で豊富なコンサルティング経験を有する。また、ブランドマネジメントでは幅広い業界の企業に対する支援経験を持つ。主な著書に「ブランドのレシピ」(JMAM、2009年)、「戦略としてのブランド」(東洋経済新報社、2012年)などがある。 関連サービス ・ 消費財/産業用... さらに見る