サービス

IFRSを通じた連結経営強化サポートサービス(商社)

様々な事業領域においてグループ会社により事業展開しており、海外の利害関係者から情報要求されることも多い商社において、IFRSの導入により企図された経営目標を達成するには、業界特性に十分に対応できる能力と知見が不可欠です。デロイト トーマツ グループは、これまで総合商社のIFRSに深く関わることにより培ってきた知見を生かして、グループへのIFRSの円滑な導入と安定的な運用に貢献します。

関連コンテンツ

IFRSを通じた連結経営強化を目指し

グローバルに、様々な事業領域において、グループ会社により事業が展開されている商社の特徴から、グループ全体で円滑にIFRSを適用するためには、本社によるグループ会計方針や連結パッケージ(日本語に限定されない)の作成といった事項がキーとなります。ここで、商社の会計の特徴として、一部の事業領域では取引が複雑になること、石油・ガスの探鉱及び開発、鉱物採掘活動に関わる論点や非上場株式の公正価値評価の論点が発生してくることがあげられます。
更には、商社のビジネスモデルを考えると、本社により作成されたグループ会計方針等を研修などにより適切にグループ内に展開し、現場であるグループ各社が円滑にIFRSを導入できる環境を整備することが重要です。これには、グループ各社及び本社での決算作業の効率化・早期化やグループ各社の現地監査人との円滑な連携も含まれます。
また、IFRSはその導入自体が目的ではなく、経営高度化といった経営目標を達成するための手段であることから、導入後もグループ全体で安定的に運用し続けることが重要となってきます。例えば、IFRS新基準の導入にあたっては、前広にグループ全体で準備、検討を進めていく必要があります。

デロイト トーマツ グループは、幅広い一般的なIFRSサービスラインに、これまでの総合商社IFRSに深く関わることにより蓄積してきた知見を融合させることにより、商社に特徴的な課題に導入時のみらなず導入後も対応いたします。