最新動向/市場予測

AIガバナンス サーベイ

社会情勢の変化に伴うAI利活用と投資状況の変容

デロイト トーマツ グループが2020年12月から2021年1月にかけて実施した「AI利活用促進に関するサーベイ」の結果をレポートにまとめ、PDFデータを公開しています。

概要(序論より)

今年度の調査では、COVID-19によるデジタル化等昨年度と状況が大きく異なることを想定して、AI利活用状況やAI投資状況の変化を調べました。また、そのような変化が想定される中で浮き彫りになる課題も想定し、経営の課題解決や高度化に繋がるデータ分析活動を推進するためのデロイト独自のフレームワーク「IDO(Insight Driven Organization)」を基に、戦略/人材/プロセス/データ/テクノロジーの5つの観点で、AI利活用における課題を調査しました。

コンピュータの処理性能向上、AIの技術革新が進み、AIの適用範囲が急激に広がっています。AI技術の発達にあわせ、企業は自社のどの部分にAIを活用するかを見極めることが重要です。そのために、AI活用のリスクに対応しながら、PoCを適切に行い、どのように本番運用に乗せていくかを考える必要があります。AIを利活用し更なる発展を目指す企業にとって、本サーベイがそのための一助となれば幸いです。

このような背景を踏まえ、日本企業のAI利活用および、AI固有のリスクへの対応状況のサーベイを実施いたしました。本サーベイが、日本企業にとって、AI活用の不安を払拭し、利活用推進のきっかけとなることを願っています。

(レポートp.3 「序論」より抜粋)

 

English version is also available

AI Governance Survey - A shift in the ways companies use and invest in AI brought about by changes in the social landscape (PDF, 505kb)

AIガバナンス サーベイ 結果レポート (PDF, 858kb)

レポートの内容

■目次
p.03 序論
p.04 エグゼクティブサマリー
p.05 AIの利活用状況
p.09 AIの利活用を阻害する課題
p.11 AI固有のリスク識別・コントロール状況
p.13 業種別詳細分析
p.17 結論
p.18 付表

Deloitte Analyticsトップページへ戻る

サービス内容等に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

オンラインフォームより問い合わせを行う

お役に立ちましたか?