事例紹介

価格弾力性分析による価格最適化事例

映像製品の価格弾力性分析と価格戦略の改善

全世界の月次売上データを収集分析し、販売予測の正確性を改善しました。そして、より多くの価値を生み出せる価格弾力性を考慮した販売予測モデルを開発しました。

関連コンテンツ

ファイナンス アナリティクスの事例

■クライアント

世界最大級のメディア企業グループに属するテレビ/映画製作配給会社

■背景

この企業グループのテレビ/映画製作配給会社であるクライアントは、ブルーレイDVDの月次売上をより正確に予測するツールを開発したいと考えていました。加えて、ブルーレイ製品に関する価格弾力性についてより深く理解することで、価格戦略を改善したいと考えていました。

■目的

1) 全世界の月次売上データを収集し分析する。
2) 販売予測の正確性を改善するとともに、顧客流出なしに利益を増やすような価格設定を可能にする価格弾力性を考慮した販売予測モデルを開発する。

■ソリューション

1) 利益拡大と価格最適化に関するデロイトの方法論をクライアントの要望に応じてカスタマイズしました。
2) 機会損失を抑えオンタイムで結果を出すために、収集したデータからサンプル抽出して分析する方針を採用しました。
3) 既存顧客の行動モデルと価格弾力性モデルを組み合わせて利用することによって、顧客の嗜好、価格変動への感度や最適価格についての洞察を深めました。

■実施結果

1) 販売予測モデルが開発されたことで、販売予測の正確性が大幅に改善されました。
2) 販売中の一作品のDVDについて、価格最適化ができていないため数百万ドルの利益を損失していることがわかりました。
3) 価格最適化により、売上損失なしにさらに4%もの利益増加機会があることがわかりました。
 

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?