最新動向/市場予測

Analytics Trends 2016

The Next Evolution

Analytics Trends 2016では、今年注目すべき6つのアナリティクストレンドに焦点をあてて、ご紹介します。

Analytics Trends 2016

2016年は、デロイトが「Analytics Trends」の発刊を通じて、短・中期的にビジネスの潮流に影響を与えるであろうと思われるアナリティクスのトレンドを分析し続けて3年目となる。アナリティクス関連の様々なトピックを定点観測し続けると、一部のトレンドは一過性のブームとして消えることなく、ビジネス社会にしっかりと根を下ろしながら、きわめて速いスピードで進化し続けていることが明らかになってきた。科学の世界では、急速に変化する事象について注意深く観察することが求められる。アナリティクスのトレンドについても同じで、急速に進化を続けるトレンドについては、新たな目で見直すことが重要であろう。

一方で、「半減期」の短いトレンドも存在している。疾風のように現われ、瞬く間に話題の中心となったかと思ったら、すぐに我々の生活に浸透し、もはや「トレンド」ではなく「日常の一部」となってしまっているものだ。「ビッグデータ」というトピックはその好例と言えよう。数年前には、これからのビジネスを左右する最先端トレンドとして大いにもてはやされたが、現在はアナリティクスの一部として当たり前のようにビジネス戦略の意思決定に利用され、現場で日々行われている巨額の投資判断に影響を与えている。2010年後半からGoogleトレンドのランキングで大きな伸びを見せていた「ビッグデータ」という用語が、最近になってランキング順位内で下降傾向にあるのは、こうした「普遍化」を表していると言えるだろう。

2016年は、日々、組織内のあらゆる領域でアナリティクス/科学的な裏付け/データ/推論に基づく意思決定がなされ、「Everywhere Analytics (いたるところにアナリティクスが浸透しつつある)」社会において、なじみ深いものとなってきたトレンドと目新しいトレンドの両方に着目し、アナリティクスの最新動向を探ってゆく。

早速、6つのトレンドを見てみよう。

「人間か機械か」の二元論 薄れゆく境界線

「人間か機械か」という二元論は、一方のみが取捨選択されるような排他的なものではなく、相互に補い合うことで、より高度な知恵の獲得を可能たらしめるものである。 

>>詳細はこちらから

組織の末端まで浸透したアナリティクス

データを活用して貴重なインサイトを浸透できる組織、Insight Driven Organization(略してIDO)へと変貌を遂げようとしている。 

>>詳細はこちらから

サイバーセキュリティ:もはや防御だけでは足りない

リスクに対するインテリジェンスやモニタリングを行うために、より予測的なアプローチを採用し始めている。

>>詳細はこちらから

モノの(そしてヒトの)インターネット

Internet of Things(IoT、モノのインターネット)は、新たなビジネスモデルを生み出し、人々の行動パターンにも影響を与えるようになりつつある。) 

>>詳細はこちらから

人材の需給ギャップを克服するには

一部の組織では、限界の見えてきた「教育機関からの人材獲得」を補完すべく、多面的アプローチを模索し始めている。 

>>詳細はこちらから

科学的メソッドのビジネスへの転用

ビジネスの分野においてアナリティクスへの関心が高まり、科学の分野においてアナリティクス技術が進化している今こそ、両分野の垣根を越えたテクノロジー融合の機は熟したといえる。 

>>詳細はこちらから

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

お役に立ちましたか?