サービス

「オムニチャネル マーケティング投資最適化」アナリティクス

統計解析により、各マーケティング施策に対する投資と売上の関係を明らかにし、マーケティング投資の査定、ならびに、オムニチャネル、プロモーションに対する最適メディアミックス戦略を立案いたします。マーケティング投資配分の最適化を算出するとともに、貴社戦略に基づく売上シミュレーションを可能とするため、CMOのマーケティング戦略意思決定を科学的にサポートいたします。

「オムニチャネル マーケティング投資最適化」アナリティクス 資料ダウンロード

「オムニチャネル マーケティング投資最適化」アナリティクス 資料ダウンロードは、こちらからお願いいたします。

(773KB,PDF)

マーケティング投資予算の最適配分を科学的に解明

マーケティング投資効率(マーケティングROI)を最大化する最適マーケティングミックス戦略を立案
マーケティング最高責任者(Chief Marketing Officer:CMO)というポジションがグローバル企業を中心に重要視され始めてから約10年。近年、日本においてもCMOとその機能、役割についての議論が広がりつつあり、その責務の1つとしてマーケティング投資効率(マーケティングROI)の見える化が求められてきています。

デロイトアナリティクスの「オムニチャネルマーケティング投資(ROI)最適化 M-SOS (Marketing Spend Optimization System) for Omni Channel」は、統計解析により、各マーケティング施策に対する投資と売上の関係を明らかにし、マーケティング投資の査定、ならびに、オムニチャネル、プロモーションに対する最適メディアミックス戦略を立案いたします。マーケティング投資配分の最適化を算出するとともに、貴社戦略に基づく売上シミュレーションを可能とするため、CMOのマーケティング戦略意思決定を科学的にサポートいたします。
 

1

戦略の基となるデータ(例)とサービス画面イメージ

「オムニチャネル マーケティング投資最適化(M-SOS for Omni Channel)」アナリティクスの特長

①経営観点のROI: 独自フレームワークを用いて経営戦略をKGI(重要目標達成指標)、KPI(重要業績評価指標)に落とし込み、各マーケティング活動のROI(投資対効果)を算出。
②顧客セグメント単位での最適投資配分: 収益を最大化する最適投資配分モデル(マーケティングミックスモデル)を算出。
③投資変化による売上高インパクトを推計: 販売予測シミュレーションを行い、投資変化による売上への影響を算出。

「オムニチャネルマーケティング投資最適化( M-SOS for Omni Channel )」のアプローチ例

マーケティング予算の最適投資配分と顧客セグメント単位での販売予測シミュレーション分析に基づき、マーケティング投資戦略コンサルティングサービスをご提供いたします。ご要望に応じて、M-SOSを貴社に導入することも可能です。

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。