ナレッジ

Deloitte Privateの調査・レポート

Deloitte Privateのサービスの重点領域は「ファミリービジネス(オーナー企業・同族会社・個人富裕層)」「プライベートエクイティー・投資先企業」「ベンチャー成長企業」「非上場の民間企業」です。Deloitte Privateでは、全世界150を超える国・地域のグローバルネットワークを通じ、深い洞察に基づいた専門性と総合力を活かした、調査・ナレッジ・最新情報をレポートにまとめ発信しています。

その先を見据えたプランニング

日本には100年以上にわたり事業を継続している企業が33,000社存在しますが、その中でも特に名の知られたある企業は、同一のファミリーによる管理下のもとで、200年以上も事業を継続しています。ファミリービジネスに重要な成功の秘訣を探ります。

(3.64 MB, PDF)

プライベートカンパニーに関するグローバルな知見

Deloitte Privateでは、2021年1月から3月にかけて、世界33カ国の中堅企業の役員2,750人を対象に、現在の経済環境の中で競争力を高めるための期待、経験、計画についてアンケート調査を行いました。今後12カ月間に企業が注力する最も重要な成長戦略は何かという問いに、48%が生産性の向上と回答し、43%がDXと回答しました。

Download PDF:3.98MG

次世代ファミリービジネス ~ビジネスエコシステムの追求

今日のファミリービジネスにおける課題は、企業としてのアイデンティティと創業家としての結束や価値を維持しながら、不安定で急速に変化するビジネスエコシステムでどのように成功するかを学ぶことである。

Download PDF:3.3MB

グローバルファミリービジネスレポート

プライベートカンパニーの課題とオポチュニティ 2020

本レポートでは、ファミリービジネスの承継問題の解決に成功した世界中のファミリービジネスに共通する特徴について詳しく検証する。ファミリービジネスに携わっているデロイトの実務者からのレポートは、承継から社会的責任、ファミリーウェルスの保全、ファミリービジネスの健全性評価、さらにはイノベーションからビジネスの未来まで、幅広いトピックについて実用的なインサイトを提供している。

Download PDF:2.68MB
グローバルファミリービジネス調査 2019

グローバルで展開するデロイトファミリービジネスセンターでは定期的にグローバルにおけるファミリービジネスについて様々な角度から調査を行っており、調査結果を公開している。世界におけるファミリービジネスの研究は日本に比べ先行していると言われていますが、様々なテーマからの各ファミリービジネスリーダーの意識をご確認いただくことができる。

Download PDF:5.50MB
お役に立ちましたか?