サービス

グローバルトレジャリーマネジメント

デロイト トーマツ グループは専門チームを設置して、クライアントの資金効率の最適化と財務リスクの最小化を実現するための活動を支援します。グローバル経済の環境下においては、為替・金利・税金などを適切に管理することは、競争優位の源泉にもなりえます。我々は本社財務機能のあり方やグループ資金ストラクチャー策定といった構想策定から為替ヘッジポリシー/プロセスの策定などの個別施策まで幅広いサービスを提供します。

トレジャリー マネジメントとは

トレジャリー マネジメントは、「資金管理(Cash Control)」、「為替管理(Exposure Control)」、「税務管理(Tax Control)」の3つの ファンクションから構成されます。そして、グローバルベースで最適なトレジャリー マネジメントを実現するためには、その中核的な ファンクションである資金管理を確立し、そこに為替管理・税務管理を有機的に連動させながらグループ全体で最適なスキームを構築しなければなりません。

 

資金管理(Cash Control)

資金効率の最大化を目的とし、グループ内のキャッシュを最大限有効に活用するためのグループファイナンスや戦略実行に適したファンディングスキームの構築など、グループ全体のキャッシュの動きをコントロールし、最適化する

 

為替管理(Exposure Control)

取引通貨の多様化を踏まえ、エクスポージャーの総量や発生させる場所、また、グループ全体でのナチュラルヘッジや為替予約・ 通貨オプションなどのデリバティブ手段の検討など、グループ全体の為替エクスポージャーをコントロールし、最適化する

 

税務管理(Tax Control)

税務コストを管理可能なコストと捉え、移転価格税制やタックスヘイブン対策税制などの国際税務への適切な対応、国際的な二重 課税の排除など、グループ全体の税務コスト・リスクをコントロールし、最適化する

デロイト トーマツ グループが提供するサービス

検討のポイント

トレジャリー マネジメントを構成する各ファンクションを有効に機能させるためには、「ルール・プロセス」、「システム・情報」、「組織」、 「人財・タレント」という「イネーブラー」の各要素について、継続的に整備・強化を進めていくことが不可欠です。 

 

これらの要素は包括的に検討する必要がありますが、日本企業の場合、特に「組織」の検討から着手することがポイントになります。 なぜならば、多くの日本企業ではトレジャリー マネジメントにおける本社・子会社・金融拠点などの各組織のミッションや役割が明確に定義されておらず、個社の最適な状況を引きずったまま全体最適化を実現できていないことが散見されるからです。これでは、海外企業の買収によりグローバル展開を加速していく際にも不都合・不経済が生じる可能性もあります。

したがって、最適なトレジャリー マネジメントを実現するために、欧米系企業などに見られる「ファイナンスヘッドクォーター」などの設立を含め、全体最適の視点から組織体制の再配置をすることが重要になります。その後、各社に割り当てられたミッションや役割を遂行するために必要となる人財・タレントやシステム・情報要件、グループ内で適用する標準ルールやプロセスを定義していきます。

トレジャリー・マネジメントのフレームワーク

デロイト トーマツ グループの提供価値

カスタマーズ・アイ

先進的といわれるグローバル企業や金融機関で豊富な実務経験を積んだメンバーを参画させることにより、抽象的なアイディアに留まらないより踏み込んだソリューションの検討が可能

ワンストップサービス

世界各地のデロイトネットワークの財務/税務/ビジネス/監査分野のプロフェッショナルが連携しており、クライアントに対して世界各地の最新の状況を踏まえた最適なソリューションをワンストップで提供することが可能

ネットワーキング

国内金融機関に留まらず、外資系金融機関やシステムベンダーとのネットワークが豊富であり、豊富な選択肢の中からクライアントのニーズに合った協業相手を紹介することが可能