サービス

株式上場(IPO)

企業の成長過程において1つのターゲットとなる株式上場(IPO)に向けて、IPOのための財務諸表監査をはじめ、課題抽出と個々の企業ごとにカスタマイズした上場支援サービスを提供することにより、企業のIPOの実現を支援します。

企業の夢の実現のために

株式上場を果たし、上場会社となることは企業経営者にとって1つの大きな夢であると思います。
上場企業となった場合、社会的ステータスの確立、資金調達方法多様化等のメリットを享受できる一方、投資家などに対して適時に情報を開示(タイムリーディスクロージャー)する責任が生じます。例えば、適切な事業計画(利益計画)を策定し、事業計画と実績値の差異分析を実施し、この結果を適時(タイムリー)に開示(ディスクロージャー)できるような経営管理体制を整備しておかなければなりません。デロイト トーマツ グループは株式上場という「夢」を目指す企業に対し、このようなディスクロージャー責任の達成に向けて各種サービスを提供します。

デロイト トーマツ グループ支援体制の特徴
社歴のある安定企業から新規に設立されたばかりの新業種・業態のベンチャー企業まで、幅広い範囲での株式公開支援を行える体制を全国規模で整え、必要に応じて「エンタープライズ リスク サービス」や「ファイナンシャル アドバイザリー サービス」関連部門、あるいは税理士法人トーマツなどのスタッフを加えるなど、ベストの株式公開支援チームを編成し多様なニーズに機動的に対応しています。また、IPO支援室においては、株式公開に関連する先端情報やノウハウを集約し、上場を目指される企業や関係者の方々へセミナーや出版物などを通じて情報発信しています。

ここ数年にわたり新規上場会社の関与数は、業界トップクラスの実績を上げており、この企業の夢の実現の数こそがクライアントの厚い信頼の証といえるといえるでしょう。 

IPO支援サービス内容

デロイト トーマツ グループの支援体制