ナレッジ

金融機関向けセミナー 開催レポート

デロイト トーマツ グループの金融インダストリー専門家によるセミナーのアフターレポート集です。

平成29事務年度・金融行政の動向と顧客本位の経営に求められる課題

【第1部】 金融行政の動向と顧客本位の経営に求められる課題 ~持続可能なビジネスモデルの構築とは~
【第2部】 銀行業務の変革に対応するリスクアペタイト・フレームワークの活用

本セミナーは2部構成とし、第1部では、金融庁が公表した「平成28事務年度金融レポート」及び「平成29事務年度金融行政方針」を踏まえ、金融行政改革の方向や顧客本位の経営実現に向けた取組み等について説明しました。第2部では、今後想定される新しい業務領域(FinTech等)と、そうした新しい領域に踏み込むためのリスクアペタイト・フレームワーク(RAF)について説明しました。

詳しくは、こちらです。

デロイト トーマツ金融ビジネスセミナー2018

フィンテックのその先に:ディスラプティブな力が日本の金融へ与える影響と機会フィンテックに関連する税制のトピック

今回で4回目の開催を迎えたデロイト トーマツ金融ビジネスセミナー2018では、「フィンテックのその先に:ディスラプティブな力が日本の金融へ与える影響と機会」と題して、この困難な新環境における課題と機会について議論しました。

詳しくは、こちらです。

オルタナティブ投資におけるオポチュニティとチャレンジ

オルタナティブな投資機会の発掘とガバナンス・オペレーショナル上のリスク・マネジメント

日本は世界のなかでも高齢化が深刻な国であり、年金性資金や個人投資家のリスク・リターンの向上が急務といえます。2018年1月18日に開催したセミナーでは、新興マネージャー、ヘッジファンド、人工知能、PE・インフラの専門家をお招きし、多様な「オルタナティブな投資機会」の発掘、およびそれに伴うガバナンスやリスク・マネジメントについて解説をいたしました。

詳しくは、こちらです。

保険ERMの新たな潮流

2017年11月21日(火)に、株式会社セミナーインフォ主催「INSURANCE FORUM 保険規制の動向とリスクマネジメントの高度化」が開催され、有限責任監査法人トーマツからは後藤茂之が「保険ERMの新たな潮流」の講演を行いました。

詳しくは、こちらです。

フィデューシャリー・デューティー実践のポイント

~2017年3月公表「顧客本位の業務運営に関する原則」を踏まえて~

2017年5月17日に、株式会社セミナーインフォ主催「FINANCE FORUM ~金融規制下のガバナンスとリスク管理~」が開催され、有限責任監査法人トーマツより「フィデューシャリー・デューティー(顧客本位の業務運営)の実践」の講演を行いました。

詳しくは、こちらです。
 

金融機関向け:次世代オペレーション改革(RPA、コグニティブ)

~Robotic Process AutomationやCognitive等を活用したDigitalizationによる業務効率化~

2017年5月25日に、トーマツ金融セミナー「金融機関向け次世代オペレーション改革」を開催しました。

詳しくは、こちらです。

FRTB対応の進め方に関する考察

~欧米金融機関の事例を参考にした進め方の提案~

2017年1月13日に、トーマツ金融セミナー「FRTB対応の進め方に関する考察~欧米金融機関の事例を参考にした進め方の提案~」を開催しました。

詳しくは、こちらです。

 

お役に立ちましたか?