サービス

コンプライアンス態勢の外部評価、高度化支援

金融機関には、その業界で求められるコンプライアンスの水準が規制当局の意向や社会の要請から年々高まる傾向にあります。また一方で、コンプライアンスを重視する結果、顧客の利便性を損ねてしまっている形式的なルールもあり、今後のコンプライアンス態勢の構築には、顧客の利便性を考慮して、効率的・効果的な運用を意図して行かなければなりません。

関連コンテンツ

顧客の利便性を考慮したコンプライアンスの態勢

金融機関には、その業界で求められるコンプライアンスの水準が規制当局の意向や社会の要請から年々高まる傾向にあります。また一方で、コンプライアンスを重視する結果、顧客の利便性を損ねてしまっている形式的なルールもあり、今後のコンプライアンス態勢の構築には、顧客の利便性を考慮して、効率的・効果的な運用を意図して行かなければなりません。また、グローバル展開を図っている金融機関では、グループガバナンスの適切な運用も考慮しなければなりません。コンプライアンス態勢は、企業文化そのものであり、どのように構築し、運用して行くかはマネジメントの意向に大きく左右されます。デロイト トーマツ グループでは、マネジメントの意向も考慮しつつ、金融機関に求められるコンプライアンス態勢を維持するために、外部的な評価又は高度化のアドバイスを提供しています。