サービス

保険会社に対する内部監査実施支援

保険険会社の内部監査には、ITやリスクの専門家等を配置し、ERM管理態勢の検証、システム監査、リスク計測モデルの妥当性・有効性検証等の行う事が求められています。デロイト トーマツ グループでは、多くの保険に関する専門家が在籍し、専門的な分野に関して将来的にはノウハウの移転を考慮しながら、経営に資する内部監査の効率的な実施支援を行います。

関連コンテンツ

保険会社における内部監査支援

現在、金融庁の水平的レビューが大手銀行、損害保険会社、生命保険会社に順次実施され、水平的な観点から内部監査態勢がモニタリングにより、金融機関におけるガバナンスの重要な機能を担う内部監査部門の一層の機能強化・高度化が求められています。大手金融機関に対しては、外資系金融機関(G-SIFIs・G-SIIsを含む)の内部監査態勢のベストプラクティスを勘案し経営に資する内部監査への高度化を進めることが念頭に置かれています。また、その他の保険会社に対しては、国内のベストプラクティスを見据えながら、規模・特性・リスクプロファイルを考慮しつつ適切な内部監査態勢を構築して行かなければなりません。よって、保険会社の内部監査には、ITやリスクの専門家等を配置し、ERM管理態勢の検証、リスク計測モデルの妥当性・有効性検証等の行う事が求められています。

デロイト トーマツ グループでは、多くの保険に関する専門家が在籍し、専門的な分野に関して将来的にはノウハウの移転を考慮しながら、経営に資する内部監査の効率的な実施支援を行います。

【専門家を要する領域の例】

・ERM態勢の検証(リスクの網羅的把握と報告、リスクアピタイトフレームワーク、資本配賦運営、リスクリターン管理、リスク計測ストレステスト、バックテスティング)

・リスク計測モデルの妥当性・有効性検証 (モデル面についてのロジック調査、システム面についての数値調査、運用面のついての調査)

・システム監査(障害管理、災害時対応、容量管理、外部接続管理、アクセス管理)

・ソルベンシー比率の検証(現行の国内基準、ソルベンシーⅡ)