出版物

株式上場ハンドブック〈第5版〉

関連コンテンツ

昨今、IPO(新規株式上場)を取り巻く環境は変わってきています。証券取引所を含む市場関係者のサポート体制はより充実し、また新規上場関係の制度の改正もIPOを拡大させる方向で相次いでいます。その効果もあり、一時冷え込んだIPO市場は活性化され、新規上場会社数は増加する傾向にあります。

本書は、各取引所の紹介や上場制度のポイント、IPO準備のための資本政策や経営管理体制の整備、関係会社の整理等を進める上でのポイント、労務管理、上場申請書類の作成上の留意点などIPOに関わる全ての事項について記載をしています。また、近年の制度・会計基準の改正等を可能な限りフォローし詳解しています。その他、実務の参考となるように「申請市場別申請書類一覧表」と「新規上場申請のための有価証券報告書(Ⅱの部)作成のためのチェックリスト」を巻末に資料としてつけています。

第5版となる本書では、最近さらに注目されている「海外上場への対応」という章を新たに設け、国内企業の香港上場・シンガポール上場・韓国上場・台湾上場について解説しています。

本書が、IPOを目指す会社の担当者のみならず、そのサポーターである公認会計士、証券会社担当者などIPOに関わるすべての方々のお役に立つことを願います。

 

書名

株式上場ハンドブック〈第5版〉

出版

中央経済社

著者

有限責任監査法人トーマツ IPO支援室

価格

本体11,000円+税

出版

2014年4月

ISBN

978-4-5020-9150-6

お役に立ちましたか?

関連トピック