出版物

Q&A 業種別会計実務・4 製薬

関連コンテンツ

製薬企業においては近年、特定疾患領域・技術領域の強化、市場の地理的拡大、新薬開発以外の事業拡大を目的としたM&A や、他社とのアライアンスが活発に行われています。こうした製薬企業のビジネス活動の変化は、関連する会計や税務の対応を複雑化させており、また対応すべき論点も多岐に渡っています。

本書は、このような製薬業の特徴を踏まえ、日本の会計及び税務の実務において対応が必要となる論点を取り上げ、図表等を用いながら、Q&A 形式で簡潔に解説しています。また、国際財務報告基準(IFRS)に関しても、製薬企業特有の論点を中心に解説を行っています。

【目次】
第1章 製薬業とは
第2章 会計の特徴
第3章 損益計算書からみた製薬業の会計
第4章 貸借対照表からみた製薬業の会計
第5章 製薬業に特有の個別論点
第6章 財務諸表の分析

 

書名

Q&A 業種別会計実務・4 製薬

出版

中央経済社

著者

トーマツ ライフサイエンス・ヘルスケアインダストリーグループ

価格

本体2,400円+税

出版

2013年3月

ISBN

978-4-502-47700-3

 

お役に立ちましたか?