出版物

ポストM&A 成功戦略

関連コンテンツ

M&A案件が増加の一途を辿るほど、必然的に「その後」が問われるようになっています。多大な資本と労力を費やし成立したディールは、果たして成功を収めたのでしょうか。
本来、M&Aの「成立」と「成功」は異なります。過去にM&Aを成立させた日本企業が自ら成功と評価している割合は3割程度、その多くがディール成立後の統合フェーズに問題意識を感じています。
本書は、「M&A後」に焦点を当て、「利益創出」と「成長持続」という2つの壁を乗り越え、企業価値向上を目指す成功シナリオを提唱しています。そこでは「主語の転換」というコンセプトのもと、「シナリオ」「スピード」「シナジー」「フォーカス」「リーダーシップ」の5つのキーワードによる基本原則を貫くことを強調しており、それはまさに異なる企業間での経営改革論です。
また、ポストM&Aの現場での経験と洞察に基づいたセオリーやエピソード、M&Aの経験のある日本企業を対象にした独自調査、実際の企業事例を多数織り込み、より実践的内容になっています。
今後新たなM&A案件に取り組まれようとされている方々、まさに統合を控え課題に直面されている方々、既に過去M&Aを実施し、思うような成果が上がらず仕切り直しを検討されている方々などに対して、トップマネジメントから実務担当者まで広く抱える問題を解きほぐす上で、手がかりを提供する一冊です。

目次
序章 ポストM&A ―ディールから始まる本当のストーリー―
第Ⅰ部 ポストM&Aと成功の条件
 第2章 DAY1 ―成立から「成功」への架け橋
 第3章 ポストM&Aの成功シナリオ
第Ⅱ部 ポストM&Aと経営戦略
 第4章 統合ダイナミズムを生かした経営戦略
 第5章 シナジー効果をマネジメントする
第Ⅲ部 ポスト M&Aと組織・ガバナンス
 第6章 組織・ガバナンスをあるべき姿に変革する
第Ⅳ部 ポストM&Aと人事・風土
 第7章 統合インフラを整備する人事政策
 第8章 風土融合と同軸化というキーワード
 終章  現在の利害を超えた強いリーダーシップ

書名

ポストM&A 成功戦略

出版

ダイヤモンド社

著者

トーマツ コンサルティング株式会社 松江 英夫

価格

本体2,800円+税

出版

2008年2月

ISBN

978-4-478-00392-3

関連コンテンツ

お役に立ちましたか?

関連トピック