出版物

外国税額控除/外国子会社配当益金不算入制度と申告書作成の実務(第9版)

関連コンテンツ

本書は国際間の二重課税を排除するための「外国税額控除制度/外国子会社配当益金不算入制度」の基礎から別表作成までを、基本的な考え方や実務に即した具体例を用いて、詳細に解説しています。

平成9年に初版が公刊されてから18年が経過しますが、幸い初版以来ご好評いただき、このたび第9版を公刊するに至りました。

第9版でも第8版の基本構成を踏襲し、平成23年度以降の税制改正を織り込んでいます。

具体的には、第1章及び第2章において、外国税額控除制度及び外国子会社配当益金不算入制度の概略をできるだけ平易に解説し、第3章では、外国税額控除及び海外配当益金不算入制度の適用上必要な法人税・地方税の各別表の記載要領を説明しています。さらに、第4章においては、直接外国税額控除、タックスヘイブン対策税制による外国税額控除、及び海外配当益金不算入制度に焦点をあて、平成27年3月期を例とした申告書の記載例を解説しています。第5章「個別問題」においては、直接外国税額控除及び海外配当益金不算入制度を適用する際に、判断に迷うような実務的な問題について解説しています。最後に、第6章において、日本法人の進出が多いと考えられる国及び地域の税制の特徴を解説、かつ申告書のサンプルを掲載しています(全22か国、第9版では新たにカナダ、ロシア、メキシコ及びミャンマーの4か国を追加しています)。

書名

外国税額控除/外国子会社配当益金不算入制度と申告書作成の実務(第9版)

 

出版

清文社

 

編者

税理士法人トーマツ

 

価格

5,800円+税

 

出版

2015年2月

 

ISBN

978-4-4335-1334-4

 

 

お役に立ちましたか?