最新動向/市場予測

研究開発の生産性向上に向けた取組み

グローバル製薬企業に関する過去4年間の分析結果

研究開発の生産性低下は、かなり以前から取り上げられる経営課題の1つである。デロイトでは、2010年からThomson社と提携して、グローバル製薬企業の生産性について定量的な分析(開発後期のパイプラインからもたらされる投資対効果)を行っており、本稿では過去4年間にわたるトレンドを紹介する。

関連コンテンツ

研究開発の生産性向上に向けた取組み

研究開発の生産性低下は、かなり以前から取り上げられる経営課題の1つである。昨今各社において、研究開発組織の変革や外部連携など様々な取組みが行われた結果として、その生産性低下は緩和してきたという声も一部には聞かれるが、その実態はどのようになっているのだろうか。デロイトでは、2010年からThomson社と提携して、グローバル製薬企業の生産性について定量的な分析(開発後期のパイプラインからもたらされる投資対効果)を行っている。本稿では、分析結果に基づきその実態を確認していく。 

(493KB, PDF)
お役に立ちましたか?