ナレッジ

金属セクターにおけるイノベーションを進化させるオープンプラットフォーム戦略

鉄鋼・非鉄金属業界向け Newsletter「Next Stage」Vol.8

鉄鋼・非鉄金属企業が外部の知識・技術を活用してイノベーションを生み出すための課題と解決の方向性について論じる。

金属セクターにおけるイノベーションを進化させるオープンプラットフォーム戦略

今号は鉄鋼・非鉄金属企業が外部の知識・技術を活用してイノベーションを生み出すための課題と解決の方向性について最新の事例を踏まえて考察いたしました。
製品開発効率を向上させるための戦略として「オープンイノベーション」という概念が登場してから10年あまりが経過しました。かつて「自前主義」の拘りが強いとされていた日本の製造業においても、外部と自社の知識・技術を組み合わせていかにイノベーションを生み出すか、が重要な経営課題のひとつに挙がってきていると認識しております。ユーザーニーズの高度化・多様化、海外競合のキャッチアップといった環境の変化に直面する金属業界においても「オープンイノベーション」を進化させ、より広い範囲で、高速に外部連携を進めるための組織・基盤(オープンプラットフォーム)の構築が競争力強化の鍵になると考えられます。
(Process Sector Newsletter「Next Stage」 Vol.8 2015年12月発行)
【目次】
素材業界のR&Dを取り巻く環境変化
オープンイノベーションを阻む3つのハードル
オープン化のハードルを乗り越えるために
グローバル競争に勝つために

--------------------------------
※ 本冊子をご希望の方は、お名前、ご連絡先、部数をご記載の上、問い合わせフォームよりご連絡下さい。

お役に立ちましたか?