ナレッジ

責任投資原則(PRI)

ビジネスキーワード:ファイナンシャルアドバイザリー

ファイナンシャルアドバイザリーに関する用語を分かり易く解説する「ビジネスキーワード」。本稿では「責任投資原則(PRI:Principles for Responsible Investment)」について概説します。

責任投資原則(PRI)

責任投資原則(PRI:Principles for Responsible Investment)とは、国際連合が2005年に公表し、加盟する機関投資家等が投資ポートフォリオの基本課題への取り組みについて署名した一連の投資原則である。PRIは世界経済で大きな役割を果たす投資家等が、投資を通じて環境問題(Environment)や社会問題(Social)、企業統治(Governance)について責任を全うする際に必要な6つの原則を明示している。この原則に署名することにより、加盟機関投資家等が受益者のために長期的視点に立ち最大利益を追求する義務を遂行するにあたり、その意思決定プロセスにESG問題(Environment、Social、Governance)を可能な限り反映させることをコミットすることになる。
一般的に、投資が成功するか否かは、企業の市場価値評価に影響を与える要因を見極め、その価値評価の精度を判断する能力にかかっていると言われている。従来は、財務分析能力に長けており、そこから企業価値を左右する要因を理解し、高度に複雑な会計情報を読み解く技能のみが必要であったものの、近年では、上記の定性的なESG要因が企業価値において存在感を増しつつある。

PRIの六原則

当原則は、経営規範とされる企業責任が、長期的な目標を犠牲にして短期的視点に導かれることの多い金融市場との連携ができていないという課題に対して、ESGの基準を含み、より優れた長期的な投資成果とより持続的な金融市場を実現する枠組みを提供するものであると位置付けられている。責任投資原則は以下に示す6つの原則を骨子として、それぞれに考えられる実施例が示されている。

1. We will incorporate ESG issues into investment analysis and decision making processes.(ESGの課題を投資分析と意思決定プロセスに組み込むこと。)
2.We will be active owners and incorporate ESG issues into our ownership policies and practices.(活動的な株式所有者になり、株式の所有方針と所有慣習にESGの課題を組み込むこと。)
3.We will seek appropriate disclosure on ESG issues by the entities in which we invest.(投資対象の主体にESGの課題の適切な開示を求めること。)
4. We will promote acceptance and implementation of the Principles within the investment industry.(資産運用業界の中で、当原則が受け入れられ実行されることを促進すること。)
5.We will work together to enhance our effectiveness in implementing the Principles.(当原則の実行する際の効果を高めるために協働すること。)
6. We will each report on our activities and progress towards implementing the Principles.(当原則の実行に関して、活動や進捗の状況を報告すること。)

検討すべき主要ESG問題

従来から株主の関心を集めてきたESG問題であるが、これは、投資家にリスクと機会を与え続けるであろう。分析対象とする企業や産業について熟知したいと願う投資家にとって、ESG問題と対象企業の関連について検討し、個々の問題が財務に及ぼす潜在的な影響を考慮することは重要である。 

主要ESG問題

不正対応に関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス情報を紹介。デロイト トーマツ グループは、グローバルネットワークと専門家の知見を最大限に活用し、不正対応をサポートします。

不正対応:トップページ

お役に立ちましたか?