サービス

内部統制・内部監査構築支援(非営利法人向け)

内部統制とは、(1)業務の効率性・有効性、(2)財務報告の信頼性、(3)法令の遵守、(4)資産の保全を目的として法人内で構築される管理体制です。デロイト トーマツ グループでは、監査業務で培った経験を生かし、各法人の業務の特性を考慮した上で、内部統制が適切に整備・運用されているかについて現状調査を行い、現有の管理体制における弱点の指摘並びに改善策の立案などを提示します。

関連コンテンツ

業務効率化に資する内部統制・内部監査のために

近年、パブリックセクターにおけるガバナンスの高度化に対する国民の要求が高まっています。
ガバナンスの高度化に伴う内部統制、内部監査の強化によって、過剰な業務負担を強いられるとの意見もありますが、本来、内部統制は、業務の有効性・効率性を高めるものであり、それによって組織が疲弊し業務効率が損なわれないように十分に配慮しなければなりません。
デロイト トーマツ グループでは、既に民間企業における内部統制、内部監査の構築支援の実績を多数有しており、効率的な導入に向けての多数のツールを有しています。また、適切な内部統制、内部監査の構築のためには、その業界固有のリスク、業務慣行など、現場における業務フローの詳細を熟知していなければなりません。例えば、決裁書類の回付にあたり現状の複雑な承認経路を簡潔明瞭に整理し、内部統制上問題のない効率的な決裁手順のための業務フローを再構築するためには、その組織の権限規定、業務分掌等の現場の業務フローの詳細を熟知していなければなりません。
デロイト トーマツ グループのパブリックセクターの専門家は、トーマツにおける民間企業の内部統制・内部監査の構築ノウハウを活用するとともに、パブリックセクターにおける業界固有の業務知識も豊富に有しており、内部統制、内部監査の実現に向けて適切な指導助言を実施します。