最新動向/市場予測

『ビジネス法務』連載「グローバル時代のクライシスマネジメント」

連載期間:2017年5月号(2017年3月21日発売)~2017年12月号(2017年10月21日発売予定)

デロイト トーマツが実施したサーベイの結果や事例も織り込みながら、企業がクライシスに適切に対処するために理解しておくべきポイントをReadiness(計画・準備プロセス)、Response(対処プロセス)、Recovery(回復プロセス)の3つのRの観点から、そして、クライシスの要因ごと、地域ごとの観点から解説するとともに、経営陣が考えるべきポイントや取るべき行動などを全8回にわたって考察する。

第1回 クライシスマネジメントのアプローチと経営陣の役割

2017年5月号(2017年3月21日発売)
著者:デロイト トーマツ 公認会計士 飯塚 智

経営陣、とりわけ経営トップは常に社会からの注目を浴びるが、殊に企業の存続をも危険に晒すクライシス発生時にはなお更である。記者会見に経営トップが姿を現さない、あるいは的確な発言ができないとなればどうであろうか。クライシス発生時の対処は企業の組織対処能力が試されるものであり、経営トップのリーダーシップが評価される時である.....


>>「第1回 クライシスマネジメントのアプローチと経営陣の役割」の詳細ページ 

第2回 クライシスマネジメントにおける“備え”の重要性

2017年6月号(2017年4月21日発売)
著者:デロイト トーマツ CBCP, CISSP 尾嶋 博之

クライシスマネジメントにおいて、事前の“備え”に該当する「Readiness(計画・準備プロセス)」について、どのように考えればよいのか、具体的に何を実施すればよいのか、BCM(事業継続マネジメント)やBCP(事業継続計画)について触れながら考察する.....

 

>>「第2回 クライシスマネジメントにおける“備え”の重要性」の詳細ページ

第3回 クライシス発生時の行動原則

2017年7月号(2017年5月20日発売)
著者:デロイト トーマツ 執行役員/パートナー 三木 要

いかなる企業もクライシスが発生した際、企業価値の毀損を限りなくゼロに近づけるために、クライシスが発生した場合の具体的な対処について常に備えるべきであり、本回においては、対処に係る全体像や行動原則について述べていきたい.....

 

>>「第3回 クライシス発生時の行動原則」の詳細ページ

第4回 クライシスをばねにより強い企業を創る

2017年8月号(2017年6月21日発売)
著者:デロイト トーマツ シニアヴァイスプレジデント 五十鈴川 憲司

連載第4回目となる本稿では、企業にとってのクライシスの経済的側面である「経営破たん(倒産)の危機」とそこからの脱出プロセスである事業再生という設定を借りて、クライシスマネジメントの3番目の段階である「Recovery(回復プロセス)」の要点を紹介する。事業再生の実務を解説することは本稿の目的ではないが、新聞等を賑わす数多の「経営破たんの危機」にある企業を想起していただいた方が読者の理解に資すると考え.....

 

>>「第4回 クライシスをばねにより強い企業を創る」の詳細ページは2017年7月末公開予定

第5回以降 Coming soon...

クライシスマネジメントに関する最新情報、解説記事、ナレッジ、サービス紹介は以下からお進みください。

>> クライシスマネジメント:トップページ <<

お役に立ちましたか?