サービス

プライベート5Gネットワーク

インダストリー4.0に対応したセキュアなコネクティビティ

インダストリー4.0のテクノロジーとユースケースの出現が、設備総合効率(Overall Equipment Effectiveness:OEE)改善を皮切りに、廃棄物削減、サプライチェーンの最適化といった驚異的なパフォーマンス向上を引き出す新しいケイパビリティをもたらし、製造業に革命を起こすことは間違いありません。このテクノロジーを早期導入した事業体では、IT(情報技術)とOT(運用技術)のさらなる統合を進め、予知保全からAR(拡張現実)アプリケーションによる遠隔サポートに至るまで多岐にわたるユースケースを実現しています。また、工場や倉庫にインテリジェントな自律走行車両を導入し、効率を最適化するとともに保安事故につながる可能性のあるエラーを低減している事業体もあります。本レポートを通じ、工場におけるコネクティビティを強化し、インダストリー4.0のユースケースの計り知れないポテンシャルを生かすための準備として有用な見識を、皆様に提供できればと願っています。

本レポートの構成

本レポートでは、製造業務における主な運用要件と、それら運用要件がOTにおけるネットワーク通信にどのように反映されるかを検証しています。次に、産業用アプリケーションに求められる信頼性、セキュリティ、柔軟性、パフォーマンスが5Gワイヤレス技術によってどのように提供されるかを説明しています。また、5G導入シナリオのさまざまなタイプを紹介し、工場オーナーが導入に乗り出す際に考慮すべき重要なポイントを浮き彫りにしています。

  • インダストリー4.0に対応したワイヤレス通信
  • 5Gを選択する理由
  • プライベート5Gネットワークの種類
  • プライベート5Gネットワークの種類選択
  • プライベート5G導入オプション

詳細はPDFをダウンロードください。

Deloitte-Private-5G-Networks

サイバーリスクサービスについて、詳しくは以下のメニューからお進みください

サイバーリスクサービスTOP

サイバーセキュリティマネジメントサービス 一覧

プライバシー・個人情報保護サービス 一覧

サイバーリスクサービスのお問い合わせ

サービス内容、並びに、取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記フォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。 

>> オンラインフォームよりお問い合わせを行う <<

プロフェッショナル

プラサド アナンド ラガワ/Anand Raghawa Prasad

プラサド アナンド ラガワ/Anand Raghawa Prasad

デロイト トーマツ サイバー合同会社 パートナー

大手通信企業のCISOとして、エンタープライズおよびモバイルネットワークのセキュリティ(4G、5G、IoT、クラウド、デバイス、 IT、SOC、GRC、アシュアランスなど)の設計から導入、運用に至るまで、あらゆる側面を統括。また、3GPP SA3の議長を務め、特に5Gセキュリティの標準化を主導。 2021年にデロイト トーマツ サイバー合同会社入社。ネットワークおよび包括的なセキュリティ活動を主導... さらに見る

北野 晴人/Haruhito Kitano

北野 晴人/Haruhito Kitano

デロイト トーマツ サイバー合同会社 執行役員

二種通信事業者、外資系通信機器ベンダーなどを経て、2001年から2013年春までリレーショナル・データベース、アイデンティティ管理を中心にセキュリティ関連製品の販売戦略・ビジネス開発などを担当。その後、セキュリティ技術と法律、マネジメントをつなぐコンサルティングを提供中。情報セキュリティ大学院大学客員研究員。博士(情報学)、(ISC)2アジア・パシフィック・アドバイザリーカウンシルメンバー。 公認... さらに見る