サービス

IT資産管理(ITAM)/ ソフトウェア資産管理(SAM)

IT資産管理、ソフトウェア資産管理の構築、導入、運用に関する支援を通じて、ライセンスコンプライアンス強化、コスト最適化、セキュリティ強化を支援します。

クラウドの普及、仮想化技術の進歩、モバイルデバイスの多様化等、組織が保有するIT資産の種類と数量は増大の一歩を辿っております。これらIT資産は組織に価値をもたらす一方、IT資産管理の不備に起因するライセンスコンプライアンス違反やコストの増加等は、ITを管理する部門共通の問題となっています。

デロイトトーマツはIT資産管理、ソフトウェア資産管理の構築、導入、運用に関する支援を通じて、ライセンスコンプライアンス強化、コスト最適化、セキュリティ強化の支援をします。

企業がIT資産管理に取り組む理由

現在、組織からのITに対する要求は高まる一方、クラウドの進展、スマートデバイスの普及、ライセンスルールの変化などITを取り巻く環境は益々複雑になっています。

その結果、ITに関する支出は年々増加する反面、ITに関するコストを最適化することが難しくなってきております。

多くの組織がこの重要な領域を管理することに苦慮しています。IT部門のリーダは絶え間ないコスト抑制の圧力、IT資産の需要管理、ソフトウェア・ベンダーからの監査と対応コストの増加に直面しながら、IT資産に起因するリスク、ステークホルダーの期待、ITがもたらす価値のバランスを取ることに努めています。

IT資産管理に取り組む理由
※画像をクリックすると拡大表示します

IT資産管理への投資によるコスト最適化が無視できないほど大きいのはなぜですか

CIOやITリーダーがIT資産管理へのイニシアティブを強化し、IT機器、ソフトウェア、ライセンスを適切に管理しなければ、新しいテクノロジーに起因するリスクは大きな脅威となります。効果的なIT資産管理戦略を講じなければ、組織の法的、財務的、技術的、運用上のリスクに加え、活用されていないハードウェアやソフトウェア資産の活用によるコスト最適化の機会を失うこととなります。

 

IT資産管理の新しいアプローチ

デロイト トーマツのレポーティング・アドバイザリサービスを活用することで、ITに関連する課題に対処することが出来ます。レポーティング・アドバイザリにより、ライセンス監査対応の有効なライセンスポジション ( ELP ) の定期的な提供と、レポートに基づく管理の改善、コスト適正化の提案により、クライアントに対して以下のような価値の実現を支援します。

  • ソフトウェア・ライセンスの可視化とコストの削減
  • 信頼性の高いデータの活用による、ITの調達・更新・廃棄に関するより的確な意思決定を実現
  • 監査に対応した効果的なライセンス遵守状況の確認により、ライセンスコンプライアンスを達成し、同時に予期せぬライセンス違反の検出による想定外の支出を防止
  • 組織のソフトウェア保有数と使用数を可視化することで、ソフトウェアベンダーとの調達交渉を強化し、組織のニーズに合った最適なライセンス、数量でのソフトウェアの調達を実現

 

デロイト トーマツが提供するIT資産管理サービス

デロイト トーマツが提供するIT資産管理サービス
※画像をクリックすると拡大表示します

IT資産管理・ソフトウェア資産管理に関するお問い合わせは、下記フォームにて承ります。お気軽にお問い合わせください。

<お問い合わせフォーム>

プロフェッショナル

野見山 雅史/Masafumi Nomiyama

野見山 雅史/Masafumi Nomiyama

デロイト トーマツ サイバー合同会社 COO

大手システムインテグレータ、監査法人系コンサルティング会社を経て2002年に有限責任監査法人トーマツに入社。2010年7月よりデロイト トーマツ リスクサービス株式会社のパートナーに就任。 中央省庁、金融、テクノロジー、コンシューマビジネス等の多様な業種・業界に対してITリスクに関するコンサルティング及び監査サービス(サイバーセキュリティ、プライバシ、IT資産管理、IT内部統制等)を多数提供。  ... さらに見る