サービス

デロイト トーマツ ベンチャーサポートの主な活動 

デロイト トーマツ ベンチャーサポート株式会社は、「挑戦する人とともに未来をひらく」をミッションに、ベンチャー企業・大手企業・官公庁/地方自治体等が協働し、数多くのイノベーションを生み出す世界を目指し活動しています。 主な活動として、大企業向けに新規事業創出支援コンサルティングや、国内外 約3,000社のベンチャー企業支援、官公庁向け政策提言/実行支援を行っています。

イノベーション・エコシステムの構築

日本はイノベーション後進国であり、ベンチャー支援だけではなく、イノベーション・エコシステムの構築が必要であると考えています。デロイト トーマツ ベンチャーサポート(DTVS)は、デロイトトーマツグループのネットワークを活用し、ベンチャー企業だけではなく大企業や官公庁・地方自治体に対し、現場感を生かした支援を国内23の活動拠点、海外7つの活動拠点で行っています。 (図1)

図1 DTVSの目指すイノベーション・エコシステム 

クリックすると拡大画像が開きます

「プラットフォーム」活動について

DTVSはイノベーション・エコシステム構築のためのアプローチとして、大企業や官公庁・地方自治体などをつなぐ、「プラットフォーム」活動にも力を入れています。

具体的な活動例

1)Morning Pitch 

大企業とベンチャー企業の事業提携を生み出すことを目的とした「Morning Pitch」というベンチャー企業のピッチイベントを、毎週木曜日の7‐9時で開催しています。また、国内だけでなく、シリコンバレー、シンガポール、イスラエルへも展開をしています。

2)ASACの運営支援

東京都によるインキュベーション施設「青山スタートアップアクセラレーションセンター(ASAC)」の運営を支援しています。

3)NEDOオープンイノベーション・ベンチャー創造協議会(JOIC)の運営支援

製造業を中心とする大企業のオープンイノベーションを推進するため、オープンイノベーション・ベンチャー創造協議会の運営支援を行っています。

 

今後は、活動地域を日本だけでなく更にDeloitteグローバルで展開し、オープンイノベーションのインフラとなることを目指します。(図2) 

図2 DTVSの目指す姿 

クリックすると拡大画像が開きます

新規事業創出支援

「社内の技術・アイデアだけでなく、ベンチャー企業の技術・アイデアを活用し、組み合わせ、新しい価値を創造する」オープンイノベーションの推進をサポートします。

詳細はこちらをクリック 

コーポレートベンチャリング

デロイト トーマツ グループはアーリーステージからミドルステージのベンチャー企業を中心に販路拡大、資金調達、企業PR、人材確保、海外進出といった支援を行い、貴社の長期的な成長をサポート致します。 

詳細はこちらをクリック 

プロフェッショナル

斎藤 祐馬/Yuma Saito

斎藤 祐馬/Yuma Saito

デロイト トーマツ ベンチャーサポート 事業統括本部長

デロイト トーマツ ベンチャーサポート事業統括本部長。2010年より社内ベンチャーとしてベンチャー支援の事業を立ち上げ、7ヶ国・150人体制へ拡大。世界中の大企業の新規事業創出支援、ベンチャー政策の立案まで手掛けている。起業家が大企業100人にプレゼンを行う早朝イベントMorningPitch発起人。主な著書は『一生を賭ける仕事の見つけ方』(ダイヤモンド社)、「日経ビジネスオンライン」、「ダイヤモ... さらに見る