グループ案内

外国籍社員の活躍推進

デロイト トーマツ グループでは、クライアント、および社員に新しい観点やアイディアをもたらす外国籍社員を歓迎します。外国籍社員が言葉や文化の違いを強みに変え活躍し、成長できる環境整備に向け様々な取り組みを推進しています。

言語サポート

日本語教室の開催

外国籍社員の日本語スキル向上を目的に、社内日本語教室を開催しています。加えて、外部の日本語教室へ通うための金銭的支援を行っています。

 

電子メールと社内ITシステムのバイリンガル化

外国籍社員に重要な情報を確実に理解してもらうために、原則として電子メールは英語と日本語で併記しています。今後は、全ての電子メールのバイリンガル化を目指しています。

ネットワーキング

ノンネイティブネットワーキングパーティー

デロイト トーマツ グループでは、外国籍社員同士のネットワーク強化を目的としたノンネイティブネットワーキングパーティーを開催しています。このイベントは日本人社員も参加でき、外国籍社員との交流を深める絶好の機会となっています。

 

ノンネイティブYammerグループ

ノンネイティブYammerグループは、社員約500人が参加している社内のSNSのグループです。Yammerを通じて、ノンネイティブが様々な質問をしたり、有益な情報を入手・共有できる場所となっています。

 

フランス語によるERG

有限責任監査法人トーマツに所属するフランス語を母国語とする社員が始めたEmployee Resource Group (ERG)は、フランス語を話す社員のネットワーク強化を目指しています。メンバーは、フランス語を母国語とする社員のみならず、フランス語を第2言語または第3言語とする社員も含まれ、フランス語のスキル維持に役立てています。メンバーは定期的に昼食や終業後に集まり、情報共有やネットワーク強化を行っています。

 

スペイン語によるERG

デロイト トーマツ合同会社に所属する、スペイン語を母国語とする社員が始めたこのERGは、スペイン語を話す社員のネットワーク強化を目指しています。

 

イングリッシュランチ

日本語が母国語ではない外国籍社員がランチタイムを使って英語のスキルを高めたい日本人社員と英語でコミュニケーションをし、英会話のスキルの向上に貢献しています。イングリッシュランチは、外国籍社員が日本人社員と交流を深める機会にもなっています。

お役に立ちましたか?