サービス

グローバル監査

グローバル リード クライアント サービス パートナー(GLCSP)に、海外子会社の監査チームを含むグローバルでの監査実施権限が与えられています。監査グローバル室が、海外の日系企業サービスグループ(JSG)と協力して、グローバルで監査チームを支援しています。

監査業務のグローバル対応

日本企業の海外進出が拡大するに伴い、企業グループの財務報告や内部統制における海外子会社のウエイトが増しており、それに合わせて、監査業務における海外事業ユニットの重要性がますます高まっています。当法人では、国際化が進む日本企業のグローバル監査に対応するため、全世界の監査チームを指揮するグローバル リード クライアント サービス パートナー(GLCSP)制度を採用してGLCSP主導でグローバル監査の品質向上を図るとともに、法人内部に監査グローバル室を設置し、GLCSPを筆頭とする監査チームを支援する体制を整えています。

監査グローバル室と日系企業サービスグループ(JSG)による監査チームの支援

グローバル監査を主導するGLCSP

当法人が加盟するDTTLでは、メンバーファーム契約により、日本の親会社監査チームの筆頭責任者がGLCSPとして、海外子会社の監査チームも含めグローバルに監査チームを指揮する権限を有し、高品質な監査を実施する責任を負っています。GLCSPは、海外子会社のビジネス環境、各国特有の監査上の留意事項や会計基準および税制等の様々な状況を踏まえて、グローバル監査チームを組成し、海外子会社監査チームに指示を出します。そのうえで、各国で実施された監査結果を評価して、親会社の連結財務諸表に対する監査意見を表明します。

グローバルミーティング
GLCSPは、グローバル監査チーム内での課題共有のため、子会社監査チームの主要メンバーを一堂に集めたグローバルミーティングを開催し、グローバルでの連携強化を図っています。このグローバルミーティングでは、被監査会社の経営者および監査役等の参加を得て、被監査会社の会計上の懸念事項や監査上のリスクの識別、そして、それらへの対応手続等について事前協議を行い、円滑な連結決算業務と監査業務の遂行に役立てます。またGLCSPは、デロイトが監査する主要な海外子会社のCFO等からのサービス・クオリティ・アセスメント(SQA)によるフィードバックを定期的に収集し、これを海外子会社の監査チームに伝達することで、品質改善のための指導・助言を定期的に行っています。

監査グローバル室と日系企業サービスグループ(JSG)による監査チームの支援

(1)監査アカウントプログラム
当法人は監査グローバル室を設置し、グローバルに展開する大規模企業の監査を対象に、監査チームの支援やモニタリングを目的とする「監査アカウントプログラム」を運用しています。被監査会社がプログラム対象となった場合、監査・保証事業本部長がグローバル監査や海外駐在等の経験をもとにGLCSP 等の主要メンバーを決定し、監査業務の遂行に必要なリソースを優先的に割り当てます。このプログラムでは、グローバル監査におけるリスク評価やSQAによる被監査会社からのフィードバックに基づいて、GLCSPが高品質な監査を達成するための課題を識別します。識別された課題は、監査計画を策定する過程で対応策が検討され、当該プログラムに基づいて必要な支援が提供されます。対応策の適用状況は、監査グローバル室とGLCSPとの定期的な面談を通じてモニタリングし、監査の実施結果に基づいて評価を行うことでPDCAが実行されます。

(2)監査グローバルサポートデスク
監査グローバル室では、グローバル監査において監査チームが各国・地域特有の事象に的確に対応できるよう、「監査グローバルサポートデスク」を設置しています。監査グローバルサポートデスクは各地域の駐在経験者により構成され、各国特有の監査上の留意事項の発信や会計基準、税制等のアップデートを行うとともに、監査チームの個別相談に応じ助言を行います。また、上場会社等の監査業務を対象として、海外の重要な子会社等に関する情報をデータベース化し、これをもとに各地域の日系企業サービスグループ(JSG)と連携してモニタリングを行っています。

日系企業サービスグループ(JSG)

デロイト トーマツ グループは、JSGを1970年代から全世界規模で展開しています。JSGは、当法人の海外駐在者を中核メンバーとして、デロイトの各国メンバーファーム内に組成されています。日本語が堪能なだけでなく、日本企業の特性を熟知した日本ビジネスに関する専門集団で、現地の日本企業や子会社監査チームとの単なる連絡窓口ではなく、海外子会社監査チームの一員として子会社監査にも従事します。これにより、JSGメンバーは、監査実施の過程で親会社監査チームから伝達された監査実施上の課題を子会社監査チームと共有し、より深度ある子会社監査の実践に貢献します。
JSGは、被監査会社の現地マネジメントと密接なコミュニケーションを取るとともに、海外子会社監査上の課題を親会社監査チームにフィードバックすることで、親会社の監査の高品質化にも貢献しています。重要な海外子会社等が新興国にある場合や買収によって新規に監査対象になった場合、あるいは現地の監査人がデロイト メンバーファームでない場合など、グローバル監査のリスクが特に高いと考えられる場合には、監査チームと監査グローバルサポートデスクの各地域担当者による協議に基づいて、JSGはグローバル監査の品質を確保するための助言や支援を提供します。さらにJSGは、デロイト メンバーファームの各監査チームにフィードバックを行うことで、現地での品質向上につなげる役割も果たしています。当法人では、このような役割を担っている海外派遣者を各国メンバーファームへ100名以上派遣しています。

デロイト アジアパシフィック リミテッド

デロイト トーマツ グループは、2018年9月にアジアパシフィック地域(以下、AP地域)に所在するデロイト メンバーファームとともに、新たにDeloitte Asia Pacific Limited(以下、デロイトAP)を設立しました。当法人のパートナーの松本仁がデロイトAPのボード議長に就任しています。また、当法人の前包括代表の觀恒平が、デロイトAPの監査・保証業務リーダーに就任しています。デロイトAPは、AP域内の総勢4万4,500人にのぼるプロフェッショナルの広範な専門能力を集約し、クライアントへのサービス提供体制の拡充と監査品質の一層の向上および均質化に取り組みます。

グローバル人材育成

日本の企業グループにおける海外子会社のウエイトが拡大し、グローバル監査の重要性が高まっている現在、より多くのグローバル人材が各監査チームに必要です。実践的な英語力を有し、グローバル案件で他国の担当者と円滑に業務が遂行できるレベルの人材を拡充することを目的に、グローバル人材育成に力を入れています。

海外派遣制度
グローバルネットワーク構築のため、法人設立翌年の1969年から世界各国に駐在員を派遣しています。また、海外勤務を通じた経験から、語学力だけにとどまらないグローバルな知見の獲得を目的とした派遣制度を設けています。

語学研修
海外派遣やグローバル監査に必須である英語力の短期間での向上を図るため、3週間程度、職員を海外の語学学校や大学に付属する語学プログラムに参加させています。質の高い講師陣はもちろんのこと、監査の現場に直結する電話会議等のプログラムを厳選しています。また、自己学習の促進として、オンライン英会話や通学講座等の受講料補助も行っています。

グローバルでのリーダー育成
デロイトは、米国、欧州、アジアそれぞれに世界で活躍するリーダーたちが集まり、ともに成長できる「場と機会」を提供するDeloitte University(DU)を設けています。DU Asia Pacific(DUAP)の初代学長にはデロイト トーマツ グループから浅見光が就任しており、当法人からも多くの社員・職員がDUAPに参加しています。DUAPに参加することでアジアのリーダーから刺激を受けるとともに、ネットワークの強化を図っています。