最新動向/市場予測

AIの利活用とガバナンスに関する調査レポート

AI利活用およびAI固有のリスクへの対応状況に関する実態調査

デロイト トーマツ グループが2019年9月から11月にかけて実施した「AIのガバナンス、利活用、リスクに関するサーベイ」の結果をレポートにまとめ、PDFデータを公開しています。

概要(序論より)

社会的に重要な意思決定にAIが関わり、AIの影響度が高まるにつれて、AIによる意思決定がもたらすリスクへ関心が高まっています。AIでユーザーの機微情報を高度に推定しビジネスで活用するケースや、差別的な判断を行うAI活用のケースも現れはじめており、新たなレピュテーションリスクの要因になりつつあります。

これらのリスクに対応するため、AIの倫理に関する原則・ガイドライン策定の検討が進んでいます。今や、ビジネスで使われるAIには精度だけではなく、AIの判断がもたらす社会的影響について責任をもって対応することが求められています。

このような背景を踏まえ、日本企業のAI利活用および、AI固有のリスクへの対応状況のサーベイを実施いたしました。本サーベイが、日本企業にとって、AI活用の不安を払拭し、利活用推進のきっかけとなることを願っています。

(レポートp.3 「序論」より抜粋)

AIガバナンス サーベイ 2019

AIの利活用とガバナンスに関する調査レポート

ダウンロードフォーム

レポートの内容

■目次
p.03 序論
p.04 エグゼクティブサマリー
p.05 AIの利活用状況
p.09 AIの利活用を阻害する課題
p.13 AI固有のリスク識別・コントロール状況
p.15 業種別詳細分析
p.19 結論
p.21 付表

サーベイ解説ウェビナー:AIの利活用を阻む課題とAI固有のリスクへの対処

レポートの発行と同日に、サーベイ結果の解説ウェビナーを開催しました。

・日時:2020年1月24日(金)14:00~15:00

・内容:AI利活用の現状と課題、リスクへの対処方法について

・講師:デロイトアナリティクス ディレクター 松本 清一
    デロイトアナリティクス シニアスタッフ 立脇 裕太

Deloitte Analyticsトップページへ戻る

サービス内容等に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

オンラインフォームより問い合わせを行う

お役に立ちましたか?