事例紹介

費用対効果の分析による広告費削減事例

フランチャイズ塾のマーケティング費用最適化

マーケティング投資と費用対効果の評価からマーケティング費用配分のモデル化を用い、新たなマーケティング活動を行った際の結果予測をすることで、広告費用の削減を実現しました。

関連コンテンツ

ファイナンス アナリティクスの事例

■クライアント

国語、数学、勉強スキル、大学入試準備などの個別教育を提供するフランチャイズの塾

■背景

クライアントはテレビやラジオ、インターネットなどさまざまなメディアチャネルへ投資するマーケティング費用の価格最適化を図りたいと考えていました。

■目的

1) 企業のマーケティング投資と費用対効果の評価を行う。
2) マーケティングにかける費用が一定の前提で複数のメディアチャネルに同時に費用を投じた場合の契約増加数を、3つの異なる媒体(インターネットを見た後の電話、インターネットを見ずに電話、インターネットからの申し込み)ごとに予測する。
3) 分析から作成した広告費用対効果モデルを用い、新たなマーケティング活動を行った場合の契約増加の予測を行う。

■ソリューション

1) マーケティング費用の時系列データと多様なメディアチャネルに対する反応パターンを分析しました。
2) 季節変動を考慮した上での複数メディアチャネルへの一斉投資に対する反応率を概算しました。
3) 複数チャネルへの投資の効果を数量化するために探索的データ分析および回帰分析を利用しました。
4) ラジオの宣伝によるインターネットアクセスの増加など、複数メディアチャネルの相乗効果を広告費用対効果モデル化し、定量化しました。
5) 広告費用対効果モデルの分析結果をメディアチャネルへのマーケティング費用の配分に反映しました。

■実施結果

1) マーケティング費用の時系列データと多様なメディアチャネルに対する反応パターンを分析しました。
2) 季節変動を考慮した上での複数メディアチャネルへの一斉投資に対する反応率を概算しました。
3) 複数チャネルへの投資の効果を数量化するために探索的データ分析および回帰分析を利用しました。
4) ラジオの宣伝によるインターネットアクセスの増加など、複数メディアチャネルの相乗効果をモデル化し、定量化しました。
5) モデルの分析結果をメディアチャネルへのマーケティング費用の配分に反映しました。
 

Deloitte Analytics について、詳しくは以下のメニューからお進み下さい

>>デロイトアナリティクス:トップページ  >>5つのサービス特徴  >>サービスメニュー  >>最新レポート  >>事例  >>最新動向  >>外部リンク集  >>採用ページ

Deloitte Analytics へのお問い合わせ

サービス内容、並びに取材・広報・講演依頼に関するお問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにて受付いたします。お気軽にお問い合わせください。

 
>> オンラインフォームより問い合わせを行う <<

※お問合せにつきましては、担当者よりメールにて順次回答しておりますのでお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

お役に立ちましたか?