サービス

再生可能エネルギー市場関連サービス

再生可能エネルギー電源が主要な電源となり始めている市場では、経済的支援策も縮小を見せ始めており、他の電源とのコスト競争力がより一層求められています。従って、新規参入や既存事業を拡大する際には、自らの強みや既存のケイパビリティを踏まえた上で、各市場の魅力度、参入障壁や求められる競争優位性を十分に調査、分析した上で、事業を推進する必要があります。

日本及び海外の再生可能エネルギー市場の潮流

市場変化の視点

電力市場は原則国や行政単位に独立しており、再生可能エネルギー市場も国や地域によって発展状況が異なり、個別の状況を理解する必要があります。

供給サイドでは、風況や日照量等の資源状況により発電可能量が決定され、地理的条件により開発・建設コスト等を含む総発電コストが決定されます。

需要家サイドでは、市場の発展状況に応じたニーズの多様化に合わせて蓄電池やEVと連携する様々な試みが進められ、発電、再生エネルギーの供給に留まらない新規の事業機会も生まれています。

日本市場の状況

2030年時点の電源構成目標に対し、2016年末時点で認定量ベースでは太陽光が目標値を上回り、グリーンフィールドでの開発は飽和してきています。

一方、コスト競争力を求めた市場再編、所謂洋上新法の施行、FIT制度終了に伴う発電市場に留まらない新規事業機会への取り組み、エネルギー市場の枠組みを超えた異業種間の連携や協業が進みつつあります。

また変動制電源の大量導入をにらんだ柔軟な系統運用、需給調整市場の整備も検討されています。

海外市場の状況

国あるいは地域別に市場の発展状況、市場の成長性、魅力度は異なります。

ドイツ・アメリカ等の先行市場では、経済的支援策が一段落し、安定した収益性が見込まれる発電市場から、コスト競争力が求められる市場に変化しています。

他方、一部の東アジア・東南アジア諸国等では積極的な支援政策が導入され、一定の収益性や成長性が見込まれる魅力ある市場も残っています。アフリカ諸国等は、制度は未整備ながら、局所的に再エネ電源の導入が進む可能性が想定されます。

 
 
 

日本の事業者に求められる挑戦

日本の事業者で再生可能エネルギー関連事業に新規参入、または既存事業を拡大する際には、自らの強みや既存のケイパビリティを踏まえた上で、各市場の魅力度、参入障壁や求められる競争優位性を十分に調査、分析し推進する必要があります。

<論点>
・日本・海外発電市場における先行者利益追求
・更なる運転能力の向上とコスト競争力強化
・再生エネルギー電源の大量導入に伴う新たな事業機会
・多様化する需要家への新たな検討価値

 
 
 
 

デロイト トーマツ グループにおける再生可能エネルギー関連サービス

デロイト トーマツ グループでは、再生可能エネルギー関連業界の会計・税務・ファイナンシャルアドバイザリ・コンサルティングの専門家が連携し、お客様のニーズに応じた多様なサービスを提供することが可能です。求められる挑戦に対して、デロイトは戦略策定から実行まであらゆる局面でクライアントを支えます。

外的環境調査・戦略策定

・マクロ環境調査
・制度・市場・事業者調査
・事業戦略策定
・デジタル活用戦略策定 

レギュラトリー/ESG戦略

・補助金等制度活用支援
・関連省庁委託調査・支援
・環境ビジョン・目標策定支援
・統合報告書・サステナビリティレポート作成・保証
・気候変動に関するリスクと機会の識別と開示(TCFD)
・再エネ法・地方自治体の定める環境要件についてのアドバイス

市場参入・実行支援

・対象事業のフィージビリティスタディ
・企業・資産買収/売却時の各種アドバイザリー
・ビジネス・財務・税務等各種デューデリジェンス
・企業・事業価値算定支援
・SPC設立・管理サポート
・法務DDの明記
・各種契約書の作成

会計・税務・財務アドバイザリー

・再生エネルギー関連事業者に対する 会計監査・内部統制構築・内部監査支援
・会計処理に関するアドバイザリー業務
・税務ストラクチャー・モデル検討支援
・税務申告書作成関連サービス、
・バックオフィス業務のアウトソーシング、要員派遣

 

資料ダウンロード

冊子の送付を希望される方は、問い合わせフォームにてお申し込みください。なお、部数に限りがあるためご希望に添えない場合もございますことをご了承ください。   

 
(1.7MB, PDF)

プロフェッショナル

磯俣 克平/Kappei Isomata

磯俣 克平/Kappei Isomata

有限責任監査法人トーマツ ボード副議長

1983年に等松青木監査法人(現 有限責任監査法人トーマツ)入社。1991年から4年間、米国のDeloitte & Touche ヒューストン事務所に勤務し、総合商社や石油会社向けの監査・コンサルティング業務を経験。日本帰国後、監査法人トーマツの資源・エネルギーグループリーダーとして、電力・ガス・石油会社や政府に対して監査やコンサルティングサービスを提供し、2006年から2011年まで監査法人トー... さらに見る

樋野 智也/Tomoya Hino

樋野 智也/Tomoya Hino

有限責任監査法人トーマツ パートナー

2003年に監査法人トーマツ(現:有限責任監査法人トーマツ)入社。電力会社をはじめとする資源・エネルギー企業、関連省庁および組織に対し、監査のみならずアドバイザリーサービスの提供経験を有する。 日本公認会計士協会 電力業専門部会専門委員、資源エネルギー庁 次世代技術を活用した新たな電力プラットフォームの在り方研究会委員、電力広域的運営推進機関 需給調整市場検討小委員会委員を歴任。... さらに見る

プロフェッショナル

下田 健司/Kenji Shimoda

下田 健司/Kenji Shimoda

デロイト トーマツ コンサルティング 執行役員

電力会社、ガス会社等のエネルギー企業を中心に事業戦略立案、組織・業務改革、IT・デジタル活用支援等に関するコンサルティングに多数従事。再生可能エネルギーへのシフト、デジタルグリッド化、エコシステム形成によるイノベーション推進等、激変するエネルギー業界において、クライアントのビジネスモデル変革と新たな競争力構築を幅広く支援している。 関連サービス ・ エネルギー(ナレッジ・サービス一覧はこちら) >... さらに見る

三木 要/Kaname Miki

三木 要/Kaname Miki

デロイト トーマツ グループ パートナー

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー 大手電力会社において、電源立地企画、経営計画策定、エネルギー事業・制度リサーチ、政策調査・折衝、法務業務など、エネルギー政策全般に幅広く対応。クライシス対応の経験も深く、巨額の損害賠償対応についてチームアップおよび制度の基本設計、マネジメントを統括し、マスコミ対応や官公庁折衝にも従事。 一部上場素材メーカーの事業企画部長として事業計画... さらに見る