サービス

シナリオ・プランニング®

シナリオ・プランニングは、「起こりうる未来」の事業環境を、複数のシナリオとして整理・共有化し、戦略を導くための一連の手法です

シナリオ・プランニング®とは

シナリオとは単一の未来予測ではなく、不確実性を前提とした「起こる可能性のある複数の未来」のことです。シナリオ・プランニングを導入することで、外部環境の世界観を共有することが可能になり、組織内で議論がしやすくなります。

不確実性の高い現代にあって、シナリオ・プランニングは最も必要とされる思考法のひとつであり、戦略策定と組織学習の有効な技法であるといえるでしょう。

1990年代以降、日本でも多くの企業がシナリオ・プランニングの考え方を取り入れ、環境変化を先取りし、戦略を環境に柔軟に対応させています。

※クリックまたはタップして拡大表示できます

シナリオ・プランニング・プロジェクト

シナリオ・プランニング・プロジェクトは、企業内の多様なメンバーでチームを構成し進めます。

DTFAは、テーマ設定からワークショップのデザイン、その成果を活かすレビューまで、プロジェクト全体の実行支援を行います。

※クリックまたはタップして拡大表示できます

プロジェクト・テーマの設定

未来の事業環境を考えるためのテーマ設定を行います。クライアントの属する業界の未来を考えるなど、事業の目的と照らし合わせてテーマを設定します。

設定したテーマに沿って必要な未来情報の収集に取り組み、ワークショップに向けた準備を開始します。
 

シナリオ・ワークショップのデザイン

シナリオ・プランニング・プロジェクトでは、ワークショップという「対話の場」で、不確実性に着目し、未来がどうなるのか、どんな可能性があるのかを、参加メンバーで考察し共有します。

ワークショップがプロジェクトの中心となるステップです。

8名~16名程度の参加者で2日間の集中討議を行います。DTFAは、テーマに応じたワークショップをデザインします。この2日間では、集めた情報とメンバーの知見・経験に基づく対話を通して、複数の未来シナリオを構築します。
 

ワークショップのフォローアップとシナリオ・レビュー

「複数の未来シナリオのうち、どのシナリオに向かっているのか」という方向感を共有し、戦略の方向性を明確にするために、必要に応じてフォローアップのワークショップを行います。ここで各シナリオをもう一度掘り下げて理解し、戦略構築のためのベースを作ります。

シナリオ・ワークショップの流れ

2日間のシナリオ・ワークショップでは、DTFAがワークショップをデザインし、ファシリテーターとして、またシナリオ・プランニングのコンサルタントとして、クライアントと共にシナリオ作成を進めます。

※クリックまたはタップして拡大表示できます

「世の中」の変化動向から、不確実性に着目し、未来を複数に場合分けする

シナリオ・ワークショップでは、参加者間の対話を通じて、「世の中」や市場・業界を変化させる要因は何か、それらの要因は、どんな関係性をもって作用しあうのかを分析し、「市場/業界変化の構造的理解」を進めます。

「世の中」の変化動向の分析から、未来を区分する不確実性を考察し、不確実性の組合せによって、未来を複数に場合分けします。
 

各シナリオごとにストーリーとロジックを作る

各シナリオごとに、どのような未来なのか、具体的な未来環境についてのストーリーを考え、それらのストーリーを生むロジックを整理します。
 

シナリオから導かれる戦略を考える

起こりうる未来のシナリオと、具体的なストーリーをイメージしながら、「そのような変化が現実のものとなったらどういう戦略をとるのか」という戦略的示唆について考察し、参加者間で共有します。

 

シナリオ・ワークショップで導き出すアウトプット

ワークショップでは、3つのフェーズそれぞれから具体的なアウトプットを出します。

※クリックまたはタップして拡大表示できます

プロフェッショナル

西村 行功/Michinari Nishimura

西村 行功/Michinari Nishimura

デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー パートナー

コーポレートイノベーション統括 電機メーカー、日米の戦略コンサルティングファームを経て、未来起点のシナリオ・プランニング及び中長期戦略構築を専門としたコンサルティングファームを26年間経営した後、デロイト トーマツ ファイナンシャルアドバイザリー合同会社に入社。 メーカー、サービス業などの大手企業中心に、シナリオ・プランニング®、中期事業戦略、新規事業・新商品開発戦略、企業変革、人材育成などのサー... さらに見る