ナレッジ

会計・監査メールマガジン

月刊誌「会計情報」の記事を中心に「会計・監査」に関する旬の情報を定期的に配信しています。

会計・監査メールマガジン サンプル

会計・監査メールマガジン        2015/7/27

========================================

平素よりデロイト トーマツ メールマガジンをご愛読頂き、誠にありがとうございます。

今回は、「四半期報告書(第1四半期)の開示に係る留意事項」について取り上げています。 

======================================== 

≪index≫
1.会計・監査の最新動向
2.月刊誌『会計情報』(2015年8月号)
3.出版物
4.2015年秋季 会計・税務セミナーのご案内

======================================== 

1.会計・監査の最新動向   ≫一覧へ
・「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会よる修正会計基準によって構成される会計基準)」の公表 

2. 月刊誌『会計情報』2015年8月号   ≫一覧へ
◆会計・監査
・四半期報告書(第1四半期)の開示に係る留意事項
・金融商品会計論点シリーズ 第5回 金利スワップの特例処理及び為替予約等の振当処理
・IFRS(IAS第19号)適用に関する論点─シリーズ③退職給付債務の評価─死亡率
・2015年上半期におけるIPO市場の動向

◆IFRS
・IASBが改訂概念フレームワークの公開草案を公表

◆CSR・環境
・トーマツ 統合報告/サステナビリティ関連ニュース
・ミャンマー・カンボジア・ラオスへの投資にあたって

◆海外情報
・『トーマツ チャイナ ニュース』旧企業会計準則の廃止 

3.出版物   ≫市販の書籍一覧へ
『バーゼルⅢ 自己資本比率規制計算とリスク捕捉実務の完全解説』

バーゼルIIIがマクロ経済や金融システムにもたらす潜在的インパクトを考えると同時に、邦銀が今後直面するであろうマクロ経済環境も踏まえつつ、日本の銀行監督当局や邦銀が、いかに上手くバーゼルIIIを利用しながら、今後の難局に対峙していくべきかを示す内容となっています。

『親族外事業承継の考え方・進め方 M&A・MBOとファンドの活用』

本書では、親族外に事業を承継する際の基礎知識とM&A・MBO及びファンドを活用した最新テクニックを紹介しています。 

4.2015年秋季 会計・税務セミナーのご案内
四半期財務諸表の会計処理に係る留意事項、四半期報告書(第2四半期)の開示に係る留意事項などにつきまして、セミナーを開催いたしますのでご案内します。

メールマガジンお申し込み

新規にメールマガジン購読のお申し込みをいただくとユーザー登録されますので、ログインID・パスワードは大切に保管していただくようお願いいたします。

また、2012年4月以降にデロイト トーマツ グループのセミナーにお申込いただきユーザー登録されている方は、そのログインID・パスワードを利用して簡単にメールマガジン購読のお申し込みができます。

※大変申し訳ございませんが、同業他社様の購読のお申し込みはお断りさせていただきます。

メールマガジン配信(無料)をご希望の方は、メールマガジン利用規約、プライバシーポリシーをご一読のうえ、お申し込みください。
>配信のお申し込み   >メールマガジン利用規約   >プライバシーポリシー

メールマガジンの種類の変更、メールアドレスの変更は、下の「配信設定の変更」よりご変更ください。
>配信設定の変更

ご登録いただいている個人情報の変更は、下の「個人情報の変更」よりご変更ください。
※ログイン後、画面上部「登録個人情報の確認・変更」をクリックしてください。
>個人情報の変更

お役に立ちましたか?