ナレッジ

ヘルスケアメールマガジン

ヘルスケア関連のトピックに関するコラムや最新事例の報告、各種調査結果など、コンサルタントの視点を通した生の情報をお届けします。医療機関や自治体の健康福祉医療政策に関わる職員様、ヘルスケア関連事業に関心のある企業の皆様の課題解決に是非ご活用ください。(原則、毎月発行)

新着記事

2021.11月 配信

介護人材不足の時代を見据えた介護経営のあり方

我が国では、団塊ジュニア世代が前期高齢者の仲間入りを果たす2040年に高齢者数のピークを迎えると言われています。高齢者数の増加に伴い、介護需要が増大する中で、支え手である生産年齢人口の減少が深刻な課題となっています。介護業界では慢性的な人材不足に加え、今後も益々人材確保が困難になることが予測される中、事業の持続可能性を高めるために必要な介護経営のあり方について解説します。 

【連載企画】医師の働き方改革の進め方

第1回:デロイト トーマツ ヘルスケアが考える医師の働き方改革の進め方

医師の働き方改革は医療機関において避けて通れない重要なテーマです。 2024年4月から36協定で定める医師の時間外労働時間に上限が設けられます。 しかし、無理な施策の導入や他院の模倣では医師からの反発や患者家族への悪影響が生じかねません。
そこで、デロイト トーマツ ヘルスケアが考える効率的・効果的な医師の働き方改革の進め方をご紹介させて頂きます。 

病院DX推進に向けた体制の整備

DXを成功させるための人材像とその役割を考える

電子カルテ等医療情報システムの普及率は高まる一方、医療従事者の業務負荷は相変わらず高く、働き方改革の実現にも困難が予想される状況です。そんな中、業務のあり方を根本的に見直す取り組みとして、病院DXには昨今大きな関心が寄せられています。病院DXとは何か、またその推進に必要な人材や体制はどのようなものか、そのアプローチを含めて考えます。 

気候変動とヘルスケア

気候変動がヘルスケア業界に与える影響

1990年代頃から気候変動は国際的に大きく取り上げられ、様々な活動が行われてきました。人々の健康な生活に与える影響は、災害や高温等直接的なものから、食糧確保、感染症やメンタルヘルス等への影響等、間接的なものも懸念されています。今後ヘルスケア業界としても気候変動、特に温室効果ガス削減の取り組みが避けられなくなることが予想されます。 

新たなバイオバンクプレイヤー

地方発希少がんのリビングバイオバンクの挑戦

当記事では国内のバイオバンクに関する状況と、地方発バイオバンクの一つである栃木キャンサーバイオバンクへのインタビュー結果を紹介します。

バックナンバー

    配信開始:2016年7月~

メールマガジンお申し込み、配信メールマガジン変更

メールマガジン配信、配信メールマガジンの変更をご希望の方は、下記よりお申し込みください。
>配信のお申し込み、配信メールマガジンの変更

お申し込みの際はメールマガジン利用規約、プライバシーポリシーをご一読ください。

>メールマガジン利用規約
>プライバシーポリシー
 

お役に立ちましたか?