出版物

Q&A 業種別会計実務・10 リース

関連コンテンツ

リース取引は一時の資金を用意することなく設備等を調達できる取引として広く普及しています。

本書は、リース業・リース取引の特性を踏まえて、現行のリース会計の背景にある考え方、リース業及びリース取引に固有の会計処理等を図表や設例をもとに解説しています。リース会計において特に重要となるリース取引の範囲や分類判定方法のほか、セール・アンド・リースバック取引、転リース取引、協調リース取引、リースの種類ごとの信用リスクといった特徴的な会計処理についても取り上げています。

また、国際財務報告基準(IFRS)のリース会計の改訂の動向についても紹介しています。
【目次】
第1章 リース業とは
第2章 リース業の会計の特徴
第3章 リース業の会計処理・表示
第4章 リース業に特有の会計上の個別論点
第5章 リース会社の財務諸表の分析

 

書名

Q&A 業種別会計実務・10 リース

出版

中央経済社

著者

トーマツ 金融 インダストリーグループ

価格

本体2,200円+税

出版

2013年3月

ISBN

978-4-502-47740-9

 

お役に立ちましたか?

関連トピック