出版物

ERMは進化する 不確実性への挑戦

デジタル革命が主導するビジネスチャンスの裏で拡大するサイバー空間上の脅威、気候変動が引起す自然災害の巨大化など、企業経営は未経験の不確実性にさらされています。金融・保険業において定着した統合的リスク管理(ERM)は、サブプライムローン問題に端を発した金融危機を教訓に、規制改革を断行しリスク管理を強化しています。

しかしながら、今大きな壁にぶつかっています。不確実性をマネージできる状態(リスク)にする以上のスピードで不確実性が拡大しているからです。

本書は、このような次世代の課題に対してERMが実効性を発揮するためいかに進化するべきかを検討します。

第1章では、ERMの歴史と今後の強化の方向を整理します。

第2章では不確実性の「リスク化」の意味を整理します。

第3章で、過去の失敗事例を検討し、不確実性のインパクトとそこから学び得る教訓を抽出します。さらに、現在直面しているサイバーの脅威と気候変動がERMに投げかけた挑戦の意味について確認します。

第4章では、不確実性に挑戦するために、現行のERMに導入すべき視点・仕組みを整理するとともに、最新の技術(AI,RPA)の活用による期待についても言及します。

 

目次

第1章 ERMの発展と強化の方向性
・リスク管理発展の流れ
・戦略的意思決定とリスク管理の関係
・ERM強化の方向性

第2章 不確実性へのアプローチとリスク化
・リスクの変質、不確実性の高まり
・不確実性に対するアプローチ
・不確実性下の意思決定
・不確実性のリスク化の意味

第3章 事例にみる不確実性のインパクト
・事例検討に先立つ着眼点
・事例検討と教訓
 (戦略的意思決定と不確実性、システミック・リスクと不確実性、
  オペレーショナル・リスクと不確実性、エマージングリスクと不確実性)
・不確実性への対処における留意点

第4章 不確実性をマネージするためのERM
・不確実性に向き合うための視点
・リスクと不確実性の峻別と投資判断基準の設定
・バイアス管理の強化
・想定外のマネジメントの強化
・不確実性に対する戦略的思考
・新技術の応用とERMの進化
・ERMの進化への期待

書名 ERMは進化する 不確実性への挑戦
出版 中央経済社
著者 後藤 茂之
価格 本体2,800円+税
刊行 2019年1月
ISBN 978-4502289310
お役に立ちましたか?