出版物

【法律・政省令並記】逐条解説 過大支払利子税制

本書は、過大支払利子税制について、令和2年度税制改正後の政令も踏まえ、制度全般にわたって条文を整理し、詳細な解説を加えたものです。

本制度は、所得金額に比して過大な利子を支払うことを通じた租税回避を防止するための措置として、平成24年度税制改正において導入されましたが、その後、BEPSプロジェクトにおいて、第三者への支払利子であっても、あえて高税率国の企業が借入れを行い、これを低税率国の企業に出資すること等により、高税率国から低税率国へ税源流出が生じ得ることが指摘されたことなどを受けて、令和元年度税制改正において抜本的な見直しが行われています。

本書では、最新の過大支払利子税制について、条文と解説を見開きに配置し、左ページには、法律・施行令・施行規則を網羅的に、かつ、関連する条文ごとに整理し、右ページには、(1) 立法趣旨を踏まえた解説、(2) 理解を助けるための豊富な図表、(3) 通達(趣旨説明を含む)・準用条文を収録しました。

国際税務に携わる皆さまに、本書が少しでもお役に立てれば幸いです。

書名 【法律・政省令並記】逐条解説 過大支払利子税制
出版 株式会社ロギカ書房
著者 梅本 淳久
価格 本体3,000円+税
刊行 2020年6月
ISBN 978-4-909090-40-9
お役に立ちましたか?